本科CG/VFX専攻

3DCG制作に必要な技術を学び 1年で即戦力へ。
将来、国内外の現場で活躍できるプロを養成。

1年でCG・映像のプロになる。
VFXを極めるデジタルハリウッド伝統の『本科』。

1年間で高いレベルの映像作品をアウトプットできる、デジハリの最高峰クラス。
定番のソフトウェアから最新の映像表現まで3DCG制作に必要な技術を学び1年で即戦力へ。将来、国内外の現場で活躍できるプロを育成。

デジタルハリウッド伝統のフラッグシップコース本科CG/VFX専攻 2019年4月生出願受付中!
~ 出願締切 2019年1月20日(日)20:00 ~

自分らしい働き方×学び方を実現できるコース設計

LEARNING

定番のものから、最新の映像表現まで、CG/VFXの全てがここに。

こんな人へおすすめ

  • ①未経験から1年間でCG・映像業界への就業をより確実にしたい方
  • ②VFXなどの専門的な技術やより高いレベルの3DCG制作スキル・映像表現などを身に付けたい方
  • ③基礎からCG・映像の制作スキルを身に着けたい方
  • ④国内外問わず、CG映像業界への就職・転職をしたい方

デジタルハリウッドの3つの特徴

FEATURE

本科では"Autodesk Maya""Adobe After effects"を用いた3DCG映像制作手法に加え、目指す業界に適した更なるスキルアップが可能。

圧倒的な作品力。徹底した卒業制作指導

圧倒的な作品力。徹底した卒業制作指導

1年の集大成となる卒業制作は個人のオリジナルです。
ストーリー性のあるアニメーション、強みを生かしたデモリール、VRを活用したゲーム作品など、就職活動、フリーランス活動など、卒業後の皆さんにとって、プレゼンテーションツール、プロモーションツールとして、重要な役割を果たす作品となります。そのため、講師が一人ひとりの作品に対してしっかりと指導し、技術を伸ばすだけでなく、自身の強みを引き出していきます。

撮影×実写合成

撮影×実写合成

プロ使用のカメラ機材を用いて撮影実習を行います。撮影後はMayaとAfterEffectsを使用し実写と実写の合成、CGと実写の合成、CGとCGの合成を総合的に学びます。プロジェクションマッピングや、ミュージックビデオ作品を制作するためのノウハウがしっかり学べます。

専門的で高度な知識とソフトスキル

専門的で高度な知識とソフトスキル

粘土をこねるように、3Dモデリングの造形(スカルプティング)ができるモデリングツール「ZBrush」を学び、Mayaなどの3DCGソフトでは表現の難しい、皺やクロス(布)といった繊細な質感などの複雑なディテールを表現する力を身に付け、完成度の高いモデリング表現を体得します。また、ハリウッド映画やテレビCMを手がけるVFX関連のスタジオではお馴染みの、高度なエフェクト・アニメーション制作に特化した国内では学べる機会の少ない「Houdini」の学習も導入し、実写映像とCGとの合成や、ゲームムービー中の迫力のあるエフェクトなどを表現する力を身につけ、幅広い表現力を体得します。

あなたの成長&活躍を全力でサポート!

SUPPORT

開校当初からのべ90,000人以上の卒業生をコンテンツ業界へ輩出してきた豊富な就職実績で積み重ねてきたネットワークを活かした就職支援とキャリアサポートに加え、学びが加速する学習環境を用意しています。

デジタルハリウッド パートナーズ

校舎を24時間開放

実際の制作プロダクションと同じ作業環境を用意し、時間に縛られることなく納得のいくまで作品のクオリティと向き合ってもらいたい、という思いがあるからです。「課題制作の前に、泊り込みで作品を仕上げたい」「深夜に集中して作業をしたい」など、多くの受講生が利用をしています。

クリエイターズオーディション

クリエイターズオーディション

優秀作品発表会「クリエイターズオーディション」は各コースの中から優秀作品を選出し、受講生自ら、企業の採用担当者に向けてプレゼンテーションを行うデジタルハリウッドの伝統的なイベントです。オーディション終了後は企業との懇親会も開催しており、集まる企業様は100社~200社。ここからクリエイターデビューにつながるケースも多く、才能発掘の場として、業界関係者からも大きな関心を集めているイベントです。

業界を牽引する次世代クリエイターに受講料をサポート

業界を牽引する次世代クリエイターに受講料をサポート

専門学校・美芸大・一般大学メディア系学科卒業生、理工系大学出身者、既にクリエイティブ業界で実務経験をお持ちの方、その他独自にクリエイティブ活動をされている方などには、別途選抜試験実施の上、「特待生」という形でご入学いただくケースがあります。
上記該当の方は、作品、企画書、ポートフォリオ等をスクール説明会にお持ちください。

※特待生として入学された方には授業料の1割~全額の補助が適用されます。
※特待生試験の日程や出願条件に関しては、下記スクール説明会にてお問い合わせください。

就職・転職に強い充実のサポート

開校当初からのべ90,000人以上の卒業生をコンテンツ業界へ輩出してきた豊富な就職実績で積み重ねてきたネットワークを活かした就職支援を用意しています。

  • クリエイターズオーディション

    クリエイターズオーディション

    優秀作品発表会「クリエイターズオーディション」は各コースの中から優秀作品を選出し、受講生自ら、企業の採用担当者に向けてプレゼンテーションを行うデジタルハリウッドの伝統的なイベントです。オーディション終了後は企業との懇親会も開催しており、集まる企業様は100社~200社。ここからクリエイターデビューにつながるケースも多く、才能発掘の場として、業界関係者からも大きな関心を集めているイベントです。




現役講師100%
業界で活躍中のプロが実践的な指導を行います

INSTRUCTOR

  • 大竹 祐次先生

    能動的になれば、学びが楽しくなる

    大竹 祐次先生

    学生の方々には、とにかく「見ること」「観察すること」を意識してほしいです。世に出ている映像作品、表現方法を見て、自分にとってここがいい、ここが悪い、と思いながら見てほしい。
    そして、「どこがおもしろいと言われているんだろう?」と自分なりの仮説や解釈、評価をしながら見てほしいです。
    ただ歩いている人を見るにしても、歩き方、所作、姿勢など、細かいところまで見てほしい。それが表現を志す人にとっての第一歩だと思います。
    学びは本来能動的な行為なので、受身な姿勢では学べる量はたかが知れています。
    ただ、そこに少しでも能動性が加わることで、単に「教わる」というだけでなく、「吸収する」というレベルになってきます。そうなると、学ぶこと自体が楽しくなるはずです。

  • 古岩 祥幸先生

    在学中は、CGのための生活を

    古岩 祥幸先生

    まずはCGに触れる時間を作ってほしいです。CGを学ぶ上で「自分の生活が変わらない」ということはあり得ません。CGのための生活を1年間してほしい。だいぶ業界も働きやすくなってますが、プロの皆さんも打ち込んでやってます。
    ただ、やらされてる感があるときついし長続きしないので、CGが楽しい、面白いという気持ちを持ってほしいです。
    そして、デジタルハリウッドに飛び込むからには「この1年、無駄にはしない!」という覚悟は必要ですよね。意味のある1年間にしてほしいし、そうしてあげたい。
    もし入学前に相談が必要なら、相談に乗ります。講師目線で話しますので、ぜひ声をかけてください。