本科UI/UXD専攻
コース概要

制作現場で求められるデザイン思考とUX、プログラミングスキルを1年で習得。
未経験から1年で企業から求められるデザイナーへ。

1年でデザイン基礎からUI・UXを体現したデジタル表現を徹底的に追求。 インタラクティブ表現やIoTも学ぶデザイン系最高峰のフラッグシップコース。

入学3ヵ月でブランディング課題とグラフィック課題、卒業制作課題では、Webデザイン、
アプリUIに挑戦し、デザインの制作力を実務レベルに引き上げます。

1年でデザインの、1から10までを学ぶ
~ 出願締切 2019年1月20日(日)20:00 ~

自分らしい働き方×学び方を実現できるコース設計

LEARNING

デザインの、1から10までを学ぶ。

こんな人へおすすめ

  • ❶社会人の方でデザインを基礎から学習し、業界への就職・転職を目指す方
  • ❷UXの考え方を学び、アウトプットできる力を身に着けたい方
  • ❸先端的なスキルを幅広く網羅したい方
  • ❹まだ世の中にない、新しいコンテンツやサービスを生み出したい方

デジタルハリウッドの3つの特徴

FEATURE

1年でデザインの基礎からUI/UX、インタラクティブデザインやIoTまで、デジタル表現を徹底的に追求。デザイン系最高峰のコース。

1

習得したいスキルに応じて選べるコース

本科 UI/UXD 専攻 選べる3つのコース

本科 UI/UXD 専攻 選べる3つのコース

・クリエイティブコーディングコース
インタラクティブ作品を実装するためのプログラミング習得に特化

・インタラクションUIデザインコース
新しいコンテンツやサービスを生み出すためのサービスデザインに特化

・コミュニケーションデザインコース
グラフィックデザインとWebデザイン制作に特化

2

現役講師100% 実力ある講師陣が、丁寧かつ親身にサポート

現役講師100% 実力ある講師陣が、丁寧かつ親身にサポート

現役クリエイター講師による実務に則した授業

アートディレクション、広告、カメラ、Webデザイン、映像デザイン、インタラクティブコンテンツと、分野別の担当講師がいます。あわせて、全カリキュラムを教育に落とし、横断的な監修をする主幹講師が1名おり、1年間の授業をまとめています。講師は、現役で実務案件の制作をしているクリエイターであることを条件としているため、今現場で必要なことを教わることができます。加えて、教えることに熱心であることを条件に採用しています。

3

最新のカリキュラム

移り変わりがとても早い業界情報を常にキャッチアップ

移り変わりがとても早い業界情報を常にキャッチアップ

最先端の現場で活きてくるスキルを習得いただくため、年2回、約100社に「どのようなスキルがある人を採用したいか」のヒアリングを行っています。採用担当者、現役デザイナー、企業から寄せられるアンケート内容の結果を元に、講師会を実施。都度、その年のデザイントレンドを反映した課題設定や授業内容にアップデートしています。

あなたの成長&活躍を全力でサポート!

SUPPORT

業界を牽引する次世代クリエイターに受講料をサポート クリエイティブ経験者向け優待受講制度「特待生制度」

業界を牽引する次世代クリエイターに受講料をサポート クリエイティブ経験者向け優待受講制度「特待生制度」

専門学校・美芸大・一般大学メディア系学科卒業生、理工系大学出身者、既にクリエイティブ業界で実務経験をお持ちの方、その他独自にクリエイティブ活動をされている方などには、別途選抜試験実施の上、「特待生」という形でご入学いただくケースがあります。

上記該当の方は、作品、企画書、ポートフォリオ等をスクール説明会にお持ちください。

※特待生として入学された方には授業料の1割~全額の補助が適用されます。
※特待生試験の日程や出願条件に関しては、下記スクール説明会にてお問い合わせください。

実力ある講師陣が、丁寧かつ親身にサポート

INSTRUCTOR

就職・転職に強い充実のサポート

企業と直接つながることが出来る充実したサポートが、オンライン・オフライン両方で永年利用可能!

  • 圧倒的な作品力。徹底した卒業制作指導

    企業ならではの現場ノウハウに触れられる企業ゼミ!

    学内でインターンシップと同じような就業体験ができるデジタルハリウッド独自の就業サポート、企業ゼミ。 デジタルハリウッドの受講生は無料で受講することができます。企業の方が講師となり、現場で必要な知識と経験を体験できるワークショップ型セミナーです。
    実施企業の中には、本格的にアウトプットを受講生と共同開発することもあり、実際にリリースされる運びになったことも。在学中から学内で開発実績が付けられるのは、 企業と距離が近いデジタルハリウッドならでは。
    また、企業からの評価が高い受講生は、そのまま企業のインターンシップに採用されるケースがよくあります。