フロントエンジニア

お仕事内容・主な業務

フロントエンジニアとは、フロントエンドエンジニアとも呼ばれる職種で、主な業務はWebサイトの制作になります。Webサイトの制作は、Webディレクター、Webデザイナー、HTMLコーダーなどさまざまな専門的技能を持った人がかかわりますが、フロントエンジニアもその一つです。Webデザイナーのデザインをもとに、アクセシビリティやUIを意識しつつ、HTML、CSSやJavaScript、PHPといったプログラム言語を使ってWebサイトを構築することが具体的な業務内容になります。

フロントエンジニアという職種が登場したのは、Web制作にかかわる新たな技術の登場、そしてそれに伴うWebサイトの進化が挙げられます。現在、HTMLさえできればWebサイトの制作ができた時代から、CSS、SEOの知識、CMS、Javascript、モバイル対応(レスポンシブデザイン)、API、HTML5/CSS3、サイトの軽量化、表示速度高速化の知識など、Web制作にさまざまな知識、技術が求められるようになっています。

以前であればWebサイトの見た目の部分に関してはHTMLコーダーが担当し、動きのある部分や検索などに関してはWebプログラマーが担当していました。しかし、HTMLコーダーはプログラムに関する知識に乏しく、WebプログラマーはWebサイトのデザインやブラウザの知識に乏しいといったケースが多く、そうした状態では連携が取れずに業務効率が落ちてしまいます。そこで登場したのが、HTMLやCSSの知識も持ちつつ、プログラム業務も行える高度な技術を持ったフロントエンジニアです。

また現在、WebデザイナーのデザインをもとにWeb制作を行う職種は、フロントエンジニアのほかにも上述したHTMLコーダーのほか、マークアップエンジニアという職種もあります。ただし、これらの職種に明確な線引きはなく、場合によってはHTMLコーダーもマークアップエンジニアも、行う業務は変わらないといったこともあります。そして同様に、マークアップエンジニアもフロントエンジニアも同じ業務を行うといったケースもあります。Web制作会社によって名称が異なる場合があり、それによって担当する業務も変わるため注意が必要です。

こんな人にむいている

・好奇心が旺盛な人
・新しい技術に常にアンテナをはっている人
・コミュニケーション能力が高い人
・プログラムだけでなくデザインにも興味がある人
・与えられた仕事以外でも幅広く対応できる人

必要なスキル

フロントエンジニアになるには、専門学校で勉強をしてWeb制作会社に入社する方法のほか、HTMLコーダーをやりながらプログラムの勉強をする。もしくはWebプログラマーをやりながらHTMLやデザイン、ブラウザの勉強をするといった形で、別の職種からフロントエンジニアになる方法があります。どちらにしても特別な資格を必要とはしませんが、Webクリエイター能力認定試験の上級レベルである「エキスパート」やHTML5プロフェッショナル認定資格を取得しておくと、特にこれから就職、転職をしたいといった場合には有利になります。

フロントエンジニアになり業務を行うようになると、Webディレクター、Webデザイナーはもちろん、Web制作にかかわるさまざまな担当者からWebサイトに関する相談を頻繁に持ち掛けられます。また、その内容も「ここのデザインはCSSとJavaScriptどちらがいいか」、「こういった機能をAPIでつくることができるか」、「Webサイト上でこういった動きをしたいが実現可能か」、「CMSで構築するのとフルスクラッチで制作するのではどちらがいいか」など多岐に渡っています。これらの相談に対し、予算、納期を計算しつつ、瞬時に判断して答えられるようにすることは、フロントエンジニアに必要なスキルのなかでも、重要なものの一つです。そのためWeb制作全般に関する知識はもちろん、Webディレクターのように全体を俯瞰的に見て客観的な判断をするスキルも必要だといえるでしょう。 また、フロントエンジニアに必要なスキルとして英語があります。CMSやWebフレームワークのドキュメントの多くは英語表記のもののため、英語が理解できないと業務が滞ってしまいます。また自分でドキュメントを残す際も英語での記述を求められる場合があり、読めるだけではなく、英語の文章を書くスキルも必要です。

さらに2018年3月27日、Googleが発表したモバイルファーストインデックスにより、WebサイトはPCでの閲覧からスマホでの閲覧が主流になっていきます。これに合わせスマホ、タブレットのブラウザ、インターフェイスに関する知識やレスポンシブデザインへの対応が今まで以上に重要なスキルになります。

最後に就職、転職する際の注意点として、「お仕事内容・主な業務」でも言及したように、Web制作会社によってHTMLコーダー、マークアップエンジニア、フロントエンジニアなどが行う業務に違いがある場合があります。フロントエンジニアとして応募したつもりが、面接に行ったら業務内容が違っていた、といったことがないよう、応募する段階でしっかりと業務内容を確認しておくことをおすすめします。

関連するコース