Webディレクター

Webディレクターのお仕事内容と主な業務は

Webディレクターの主な仕事内容は、クライアント(顧客)のニーズをまとめ、Webサイトの要件やコンテンツの内容、デザインの方向性を決定し、納品に向けて進行管理を行うことです。Webデザインなどの制作経験を積みWebディレクターへステップアップする場合が多いですが、その背景としては、制作に携わる幅広い職種のクリエイターに指示を出し、顧客のニーズに応じて企画・提案するため、Webに関する全般知識やコミュニケーション能力、問題解決能力が求められ、また制作物の品質のチェックも行うなど、Webサイト制作フロー全体に深く携わるため、デザイン経験がある方が現場で重宝される、という理由があります。

最近では異業種でのディレクション経験を生かして未経験から必要なWeb制作スキルを身につけることでWebディレクターになるケースもあります。例えば、車業界で営業をされていた方がその業界での知識を活かし、車や機器などのクライアントを多く持つWeb制作会社へ転職する、アパレル業界で働いていたが、前職で経験した、色の知識やセンスを生かし、アパレルのECサイトを運営する会社で、Webディレクターとして勤務するなど、

業界を問わずWebサイトは商品のプロモーションや販促などに必要不可欠ですので、社会全体から必要とされる職業として人気です。

こんな人にむいている

Webディレクターに向いている人は、制作スキルの面で必要なこととして、基本はフォトショップやイラストレーターなどのソフトを扱えるということです。さらにビジネスの現場では売れるためのデザインやプロモーション施策を考えなければならないので、マーケティングやSEOなどの知識があったほうが良い場合もあります。

そして、ディレクターの役割として重要なミッションの1つである、クライアントの課題解決のための施策を実行するためのチームをまとめるという役割を担うことから、クライアントやチームメンバーと円滑なコミュニケーションがとれる人が理想です。デザインに興味がある人、コミュニケーション能力がある人、新しい情報に敏感な人、モノづくりが好きな人、社交的でコミニケーション力が高い方がWebディレテクターに向いているでしょう。

また最近では、事業会社のWebディレクターの需要も急速に伸びていきます。
前述しました通り、Webサイトは、業界を問わず商品のプロモーションや販促などに必要不可欠ですので、自社にデザイン室や、クリエイティブ室、広報室などで、Webプロモーション用のWebディレクターを採用し、制作会社とのコミュニケーションを図りながら、自社商品のPR施策を仕替えていく、というもの当たり前になってきています。

また専任のWebディレクター採用が難しい企業の場合は、自社サイトのコンサルティングや更新を、フリーランスや在宅ワークのWebディレクターに外注をする場合もあります。
パソコンとWebの知識があれば、自宅で仕事ができるので、人気の職種の1つです。
まとめると、コミュニケーション能力がある人、進行管理するのが得意な人リーダーシップを発揮したい人、問題を解決することが好きな方、が向いているといえます。

必要なスキル

Webディレクターになるために必要なスキルは、上でも述べたように、Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなどのデザインソフトの基本知識と、コーディング(HTML, CSS, JavaScriptなどのプログラミングの基本知識です。そのほか、人と人をつなげるコミュニケーション力や、企業の課題を解決するソリューション力、案件を通すプレゼンテーション力も仕事では大切なので、積極的に自主練習をするといいでしょう。 実はこれらのすべてのスキルは、デジタルハリウッドの専科webデザイナー専攻、本科UI/UXD専攻で学ぶことができます。

ソフトウェアのスキル習得は、Illustrator・Photoshop・Dreamweaver 、 を使い、HTML5・CSS3・JavaScript・jQueryの言語を学習します。 webデザイン基礎スキルはUIデザイン・クライアントワークで、マーケティングの知識はSEO・Google Analyticsのライブ授業、 必要な知識を学ぶ概論授業は、Web概論・著作権・ワークフロー・フォント概論・色の基本などがあります。
Webディレクターはweb制作に直接かかわるプレイヤーではなく、全体の制作全体の
指揮をとる指揮者のような役割ですので、実制作スキルより、SEO、著作権、ワークフローなどの知識がある方が重宝されるでしょう。

関連するコース