Webプランナー/Webプロデューサー

お仕事内容・主な業務

Webプランナーの主な仕事内容は、Webサイト制作の設計を行うことです。クライアントからの要望や打ち合わせの内容をまとめ、Webサイトを構築するために設計(プランニング)を行い、制作者側に伝えます。コンテンツの内容を取材・企画・制作する業務を担当することもあり、プランニングだけでなくページごとの細かい設計や編集作業を行います。クライアントと、制作者の間に立って橋渡しとなることが多い重要な役割を持つ仕事です。Webプロデューサーとの違いでいうと、Webプロデューサーは、Webプランナーの業務に加え、お金の管理や折衝という責務が加わり、プロジェクトの頂点に立つ存在と言えます。

またWebデザイナーとの仕事内容の違いでいうと、本来、WebプランニングとWebデザインは、Webサイトの設計段階という意味では一体の作業のようにみえますが、プランニングもデザインもそれぞれ重要かつ作業量が多いため、基本設計を行うプランニングと、それを形やビジュアルにする作業を行うデザインを、分けて進めるケースが多くなっています。

Webプランナーの場合、Webデザイナーがデザイン作業を行っている間に、コンテンツ(Webサイトに掲載する情報)を取材したり企画したりして制作する業務までを担当する場合もあります。

キャリアとしてはWebデザインなどの制作経験を積みWebディレクターへステップアップ後に、Webプランナーになることが多く、その背景としては、制作に携わる幅広い職種のクリエイターに指示を出し、顧客のニーズに応じて企画・提案するため、Webに関する全般知識やコミュニケーション能力、問題解決能力が求められ、また出来上がってきた品質のチェックも行うなど、Webサイト制作フロー全体に深く携わるため、デザイン経験がある方が現場で重宝される、という理由があります。

業界を問わずWebサイトは商品のプロモーションや販促などに必要不可欠ですので、社会全体から必要とされる職業として人気です。

こんな人にむいている

Webプランナーに向いている人は、人の間に立って物事を進めることが好きな人、情報収集能力のある人、スケジュール管理のできる人、情報をまとめることが好きな人、そして好奇心旺盛な人です。

Webサイトは、業界を問わず商品のプロモーションや販促などに必要不可欠ですので、幅広い企業が、利用しています。それに伴いクライアントは、とにかく多様です。

Webプランナーは自分が知らない業界のことや社会のこと、トレンドを知って分析し、クライアントが求める集客アップや収益アップというサイト制作の目的を叶えるプランを考えていくことが大切です。

そのため、好奇心が旺盛で、知識に対して学ぶ意欲が高く、それを楽しいと感じることが出来る人には天職です。

IT周りの最新技術や傾向だけでなく、異業種の話題や哲学、政治、経済、社会に関するあらゆる情報が、プランニングの際に発想展開につながります。

情報収集能力を高めるためには、多種多様な勉強会に参加をしたり、検索した情報が正しいのか自らの足でリサーチし、事実に基づいた正しい情報を仕事に活かさなければなりません。そのためにもフットワークが軽いことが求められるでしょう。

必要なスキル

Webプランナーになるために必要なスキルは、上でも述べたように、Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなどのデザインソフトの基本知識と、コーディング(HTML, CSS, JavaScriptなどのプログラミングの基本知識です。そのほか、人と人をつなげるコミュニケーション力や、企業の課題を解決するソリューション力、案件を通すプレゼンテーション力も仕事では大切なので、積極的に自主練習をするといいでしょう。実はこれらのすべてのスキルは、デジタルハリウッドの専科Webデザイナー専攻、本科UI/UXD専攻で学ぶことができます。

それに加え、Webにおけるトレンド、Webに関する全般知識、何より、リーダーシップ、コミュニケーション能力、プロジェクトマネジメント力も必要です。人間力が鍛えられる職業といえます。

関連するコース