Webデザイナー

Webデザイナーのお仕事内容と主な業務とは

Webデザイナーの主な仕事内容は、ディレクターやクライアントの指示をベースにWebサイトのデザインを作り上げることです。Webサイトのレイアウトや構成、配色を考え、画像、ボタン等のパーツを作りこみます。デザイン性に富むだけでなく、Webサイトの使いやすさや分かりやすさを意識した機能的なデザインが求められます。コーダーやディレクター等とのやり取りすることが多いため、ほかの職種と話すためのWeb全体の知識やコミュニケーション能力が求められます。

Webデザインの具体的な制作の流れとしては 、 依頼主(クライアント)の業種や情報をまとめ 、必要なページを書き出して、トップページに表示させる内容を決めるところから開始します。その後、デザイン制作として、 ラフスケッチをとおし、Photoshopでまとめていきます。この作業の際に、Web用の画像素材にするため、スライス用のデータを作っていきます。

デザイナーとして経験を積んだ後、Webディレクターへとステップアップするデザイナーも多くいます。また、デザインだけでなくコーディングやプランニングなど幅広くWeb制作に携わる場合もあり、仕事の環境を用意しやすい職業ということからフリーランスとして活躍する人も多くいます。

Webデザイナーはこんな人にむいている

Webデザイナーに向いている人は、
制作スキルの面で必要なこととして、基本はフォトショップやイラストレーターなどのソフトを扱えるということです。さらにデザイン面だけではなく、コーディングもできるとよいでしょう。コーディングに必要なスキルは、HTML・CSS・JavaScriptなどです。

これらすべての制作技術はデジタルハリウッドの専科Webデザイナー専攻で学習できます。またデザインといってもただ作ればいいだけではなく、ビジネスの現場では売れるためのデザインを考えなければならないので、マーケティングやSEOなどの知識があったほうが良い場合もあります。

そして、デザイナーの役割として重要なミッションの1つである、デザインでクライアントの課題解決をする役割を担うことから、クライアントやチームメンバーと円滑なコミュニケーションがとれる人が理想です。デザインに興味がある人、コミュニケーション能力がある人、新しい情報に敏感な人、モノづくりが好きな人、社交的でコミニケーション力が高いかたがWebデザイナーに向いているでしょう。

また最近では、将来的に、フリーランスや在宅ワークで仕事をした方にとっても人気の職種の1つです。在宅ワークの魅力は、結婚、出産、子育て、介護を機にライフスタイルが変わった主婦ママの「子育て・家事と仕事を両立したい」想いを実現出来ることです。
Webデザインのお仕事は、ご自宅で仕事ができ、自分で仕事の量・時間・休日も決められ、年齢・資格に関係なく働くことができます。またパソコンとソフトウェアを購入すれば、すぐに自宅でのお仕事環境も揃えやすいことから、とてもおすすめの職種です。

必要なスキルとは

Webデザイナーになるために必要なスキルは、上でも述べたように、
Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなどのデザインソフトや、コーディング(HTML, CSS, JavaScriptなどのプログラミングスキルです。そのほか、人と人をつなげるコミュニケーション力や、企業の課題を解決するソリューション力、案件を通すプレゼンテーション力も仕事では大切なので、積極的に自主練習をするといいでしょう。 実はこれらのすべてのスキルは、デジタルハリウッドの専科Webデザイナー専攻で学ぶことができます。

Webデザイナー専攻の基本のカリキュラムは、Illustrator・Photoshop・Dreamweaver 、 のソフトの習得と、HTML5・CSS3・JavaScript・jQueryの言語を学習します。 Webデザイン基礎スキルはUIデザイン・クライアントワークで、マーケティングの知識はSEO・Google Analyticsのライブ授業、 必要な知識を学ぶ概論授業は、Web概論・著作権・ワークフロー・フォント概論・色の基本などがあります。

関連するコース