UIデザイナー

お仕事内容・主な業務

UIとはユーザーインターフェースの略で、強いていえばハードウェアとユーザーの間に介在するものはすべてユーザーインターフェースと言えます。身近なものであればテレビのリモコンや照明のスイッチもそうですし、デジタルで表示されるタッチパネルもその一つです。前者のテレビリモコンなどのハードはインダストリアルデザイナーの範疇で、後者のタッチパネルなどのソフトはUIデザイナーの範疇になります。以前はハードもソフトも含めて考えられていましたが、現在はアプリやスマホ、タブレットの普及に伴い、ソフト面のUIデザインが重要視されるようになったため、UIデザイナーという職種が強く求められるようになりました。

UIデザイナーになるには、デザインの基礎知識はもちろん、スキルをもっとも活かせる分野がタッチ操作を主とするアプリやスマホになるので、コーディングスキルも求められます。また制作に対するUIの利便性、必要性について説明することがあるので、プレゼンスキルも必要になってきます。分野もゲームアプリからスマホやタブレットのサイト、アプリまで多岐に渡ります。

仕事の流れは、制作チームのメンバーとして加わることから始まります。出来上がった企画に対し、ある程度形が出来上がってからがUIデザイナーの出番です。企画内容のコンテンツに合わせ、適切なサイズの指導やデザイン変更を行っていきます。しかしただセンスだけで仕事を進めていく、ということは決してしません。ワイヤーフレームとプロトタイプを駆使し、試行錯誤を重ねてUIデザインを行っていきます。まずワイヤーフレームですが、これは言わば簡単な設計図になります。完成形のイメージを線だけで描き、実寸サイズで表示し、形になった時のイメージをつかみます。そしてプロトタイプは、実際にボタンを押したらどのような動きをするかなど、動作を確認できるテストモデルになります。この2つを活用し、チーム間で共有、確認を行うことで、完成形の相違が出ないようにプロジェクトを進めていきます。またよりユーザーライクで制作する為に、モニターを募り、アンケートをとることもあります。チーム間やモニターの意見を取り入れ、より精度の高いUIデザインを作り上げることを目的としています。

こんな人にむいている

UIデザイナーに向いている方は、ソフトやアプリについての利便性をユーザー目線で考えられる、またはデザインで利便性を向上させたい、と考えている方になります。UIはスマホやタッチパネルなど、生活環境で頻繁に触れ合う機会があります。その際、ただ便利だと感じるだけでなく、改善点や様々なユーザーの目線で考えてみるなど、多角的な視野が必要になってきます。

また、それらを表現するためにも、デザインの基礎、実務経験があると理想的です。

必要なスキル

ユーザーの使い勝手を向上するためのインターフェイスを設計するスキルが必要になります。
また技術面としてコーディングの実務経験が中心とされています。
高い論理的思考とコミュニケーション能力。またクライアント企業のマーケティング戦略を把握しておかなければ設計をする事は出来ません。
日進月歩の業界では常にアンテナを張り巡らせリサーチするスキルも必要となります。