プロダクションマネージャー

お仕事内容・主な業務

プロダクションマネージャーのお仕事について説明します。
まずプロダクションマネージャーのプロダクションという言葉の意味ですが、プロダクション (production)は、直訳すると生産すること、あるいは生産されたもののことを指します。クリエイティブ業界でいうと、主にCM、放送、ゲーム、Webサイト、映画、広告、音楽、出版などの分野に制作物を供給することを業務とする企業のことです。そしてマネージャーとは、働く人、進行している仕事を管理する管理者の肩書(Manager)のことを指します。

私たちが日々、目にしている映像などのコンテンツは、さまざまなデザイナーやクリエイターの努力と才能によって生まれていますが、実はそこには、欠かせない役割を持った職業の人たちの支えがあります。それがプロダクションマネージャーです。
プロダクションマネージャーの仕事は、CGクリエイターや、グラフィックデザイナー、映像デザイナーのように映像に関わる一つの作業をするのではなく、コンセプト設計、企画から仕上げ、予算管理、スケジュール工程のディレクションまでの全てを管理する、なくてはならないポジションです。

ここではプロダクションマネージャーのお仕事内容を分解して、説明をしていきます。映像の制作は、さまざまなクリエイターの仕事が集合して成り立っています。まずは、プロデューサーです。聞いたことがあるかたも多いのではないでしょうか。
映像全体のまとめ役として、企画立案から、スポンサーとの交渉、キャスティング、予算管理までをする仕事です。
次に、ディレクターです。プロデューサーの指揮のもと、映像コンテンツの制作・演出を手がけます。映像制作に携わる様々なスタッフに指示を出しつつ、企画・コンセプトに沿ってコンテンツをつくり上げていきます。
そして職人系の仕事、撮影カメラマンもいます。撮影スタジオや、ロケ現場で実際にカメラを回し、モデルやものを撮影してきます。ディレクターが出す演出の意図を汲みながら、自身のカメラの知識やスキルを余すところなく映像で体現してきます。最後に、映像編集をする、映像クリエイターです。映像クリエイターは、カメラマンが撮影をした映像を編集し、演出、加工、合成を施し、仕上げ工程を担当します。

実写とCGの合成の映像が必要であれば、CG加工や、エフェクト加工、イラストが必要であれば、グラフィックデザインと映像のカット編集、合成など、手がける仕事は様々でとてもやりがいのある仕事です。
多くの職人、クリエイターが関わることで、映像作品は出来ていますが、その映像制作に関わる予算を把握・管理(決定はプロデューサーがします。)することや、CGを使う映像であれば、作画やアニメーションに関わるアニメーター、キャラクター制作に関わるモデラーを集め、それぞれのスケジュールと完成した素材を管理しつつ、滞りなくカットオーバーにのせること、それがプロダクションマネージャーの担当業務の領域です。

時には、クリエイティブの管理に関わることもあります。映像や、アニメの演出家、作画を担当する監督などと打ち合わせをします。監督の頭の中のイメージを現場の映像クリエイターやアニメーターへ伝え、映像クリエイターやアニメーターが作成した原画や動画のコンテ、ラフ、完成のチェックはもちろん、素材を各スタジオへ送り、指示のやり取りをし、クライアントと映像制作チームの橋渡し役となる重要なポジションです。
そしてモノづくりのおいて避けては通れない、予算や権利関係も詳しくないといけません。ものを制作するには予算がありますので、その予算の中で撮影にかかるコスト、たとえば撮影現場のスタジオ代、人件費、機材費、移動費、ロケであればスタッフの食費など、細かい費用までも理解して進行します。

コストについては、制作が実際に開始される前までに、プロダクションマネージャーを中心とした打ち合わせが何度も行われることが多いです。

この打ち合わせでは、プロジェクトを成功させるために、上記で述べたコストの管理の検討や調整はもちろんですが、使用したいイラストやモデルや素材、場所の使用許諾や範囲など映像に関わるすべての権利関係についても確認します。この打ち合わせで議題にあがった点を、制作開始前に検討し、解決のための道筋を立てクリエイターが仕事をしやすい環境とクライアントが納得のできる交差点を見つけていくのがプロダクションマネージャーの仕事です。

そのため、プロダクションマネージャーは、プロジェクトが進行している期間中は、非常に激務になる傾向があります。しかし、プロダクションマネージャーは制作自体があまり得意ではないと感じているかたや、勉強中のかた、また制作の現場を知りたいと考えている方にとっては、映像業界に携われる貴重な職種のひとつです。

映像が好きで、クリエイターが好きで、人が好きで、物作りが好きな人にとっては、非常にやりがいのある仕事です。

こんな人にむいている

プロダクションマネージャーは、クリエイターやクライアントの管理をする立場なので、映像制作の流れを学んだ方、あるいはクリエイターとして実務キャリアを積んだ人にはとても向いていますが、上記でも紹介した通り、制作自体があまり得意ではないと感じているかたや、勉強中のかた、また制作の現場を知りたいと考えている方にとっては、映像業界に携われる貴重な職種のひとつです。映像が好きで、クリエイターが好きで、人が好きで、物作りが好きな人にとっては、非常にやりがいのある仕事です。キャリアパスとしてはディレクター、プロデューサーへの道もあります。

集中して制作をするのではなく、撮影場所の交渉、モデルのアサインなど、各関係者に連絡をしたり折り合いを付けたりする重要なポジションなので、コミュニケーション能力、交渉力、社交性のある人に向いています。

必要なスキル

プロダクションマネージャーに必要なスキルは、映像制作スキルがあるに越したことはありませんが、人の素養としてホスピタリティと責任感がないとできません。