コンポジター

お仕事内容・主な業務

コンポジターの仕事であるコンポジットは、英語で”composite”と言い、合成写真、合成物という意味です。「共に」という意味の”com”と、「置く」という意味の”ponere”が由来で、「複数の材料から成る」という語源を持っています。コンポジターの仕事は、3Dや2Dの原画、実写映像など、1つの作品としてそれぞれのデータを組み合わせ合成し、最終的な画を作ることです。その画づくりにあたって、コンポジターは、それぞれの映像や画の色調や解像度の違いを調整し、きれいな1枚の画として一体化させなければなりません。コンポジターがどこまでの作業を担うのかは各企業で異なりますが、エフェクトの制作を担う場合もあります。フル3DCGの映像を制作する場合は、3次元CGの空間のなかにあるモデル、照明、カメラなどの情報をもとに計算を行い、2次元CGを生成するレンダリングや、ライティング、NUKEなどコンポジット用ソフトでの合成までをも業務として行います。すべてをCGで制作するフル3DCG作品の場合、1つのシーンを構成するデータを1枚の画像としてまとめてから、レンダリングの作業をすることもできます。ですが、実際の業務では、いくつかの素材に分けてレンダリングした分業化が進んでいる企業では、ライティングとコンポジットを担う者が別々の場合が多いです。

実写とCGを混ぜて制作するVFXの作品では、実写のデータとCGのデータを、コンポジットの工程で合成します。そのため、コンポジターには、実写の映像とCG映像を自然に見えるようにする画づくりのセンスが必要とされます。時と場合によっては、グリーンバックで撮影された実写の元データをPhotoshopやIllustratorを使って加工したり、実写カメラとCGカメラの動きを合わせるトラッキングや、画の中にペイントした絵を配置するマットペイントの制作なども、コンポジターが併せて担います。2Dのアニメのような見た目のセルルック作品の制作では、手描きのデータとCGのデータを混ぜる仕事は「撮影」と言われます。アニメを撮影する段階においては、データの合成やフィルタを使った特殊効果などの作業が行われます。

コンポジターはすべての映画や映像作品に不可欠な職種です。最後の画に自分の手を加えることができる上、自分が行った仕事が目に見える形でスクリーンに映し出されることは、コンポジターの仕事のやりがいと言えます。

こんな人にむいている

コンポジットはCG上での最後の手順であるので、クライアントとの密接な関わりを持ちます。そのため、コミュニケーション能力があり、クライアントや周りの人と意思疎通を図れる人に向いています。時にはコンポジットのやり直しを何度も行う事があるので、粘り強い人や、文字を大きくしてほしい、色を変えてほしいなど、クライアントの注文に素早く対応できる人にも向いています。

必要なスキル

フルCG、VFX、セルルックアニメ、どの作品を制作する際においても、それぞれのデータとそれらに関わるソフトで作業を進められる知識や技術、画づくりのための芸術的センスが問われます。Mayaなどの3DCGを扱うソフトはもちろん、AfterEffects、Premiereなどの映像編集ソフト、Illustrator、Photoshopのスキルは不可欠です。画をコンポジット作業で合成して微調整をすることもあるため、画づくりに使用する色づかいやライティングの技術やセンスも必要とされます。クライアントからもらった細かい修正の依頼に、手早く修正できる技術も重要です。前の作業を担った者と円滑にデータのやり取りができることも求められます。

手を動かすスキルだけでなく、ディレクターの目指すところを把握し、形に起こせるようにしっかりと解釈するために、他人と意思疎通をしっかり取れる能力も不可欠です。