Webデザイナー・Webデザイン専攻 夜間の授業の特徴

夜間でもWebデザインが学べる!デジタルハリウッドWebデザイナー専攻授業の特徴

デジタルハリウッドのWebデザイナー専攻は、毎週の固定の授業という形ではありません。週に1回の休館日をのぞき、毎日開館しており、開館している時間はトレーナーに質問の回答をもらえることはもちろん課題の指導を受けることが可能です。
毎晩22時まで開館しているので(※コロナによる緊急事態宣言により、開館時間が変動することがございます)、仕事や学校終わりに校舎に寄り、学習をしている方もたくさんおります。
また、講義系の授業も土日に開催、もしくは平日は仕事が終わる夜間の時間に合わせて設定されていますので、夜間の時間もうまく使いつつ、仕事と平行して通えるようになっています。多くの人が、仕事との平行やWスクールで就職・転職を目指しています。

特徴1:昼と夜とで学習の差はあるのか

昼間はもちろんのこと、夜間の時間帯でもトレーナーが常駐しており、昼間と夜間とでは特に差はありません。
デジタルハリウッドのトレーナーは企業に勤めている方もいれば、フリーランスの方もいます。その全てのみなさんがプロのWebデザイナーという点は共通しているため、プロから教われるという点で学びには違いはありません。

特徴2:就職・転職を目指す

夜間の時間を使いたいという方は、現在仕事をしているけれど、転職を目指したいという人が多いでしょう。受講者の目的の多くは異業種からの転職や就職です。入学以前にデザインを勉強したことがない方も、カリキュラムを修了することで、Webデザイナーとして就職できるスキルを身に着けています。
半年間の学習は前半ではWeb制作の基本を抑え、後半の卒業制作ではWebサイトを企画から制作まで一貫して行うことで、応用力とクライアントやその先のユーザーを意識したWeb制作を行います。実際にクライアントを立てて卒業制作を行う方もおり、就職活動の際に扱うポートフォリオに掲載し、アピールする材料となります。

就職・転職サポート

就職、転職サポートについては、様々なサポートを行っています。

デジタルハリウッド生専用の求人情報サイトJob Style Search

デジタルハリウッドではJob Style Searchというサイトを運用しています。クリエイティブ企業から日々求人が届いており、在校生、卒業生と企業を繋いでいます。また、正社員の求人はもちろんのこと、派遣社員・アルバイトなどの求人や、フリーランスの方や副業をしたい方に向けた業務委託の案件を紹介し、様々なワークスタイルに合わせた情報を掲載しています。

クリエイターズオーディション

デジタルハリウッドの伝統的なイベント『クリエイターズオーディション』は、各コースの中から優秀作品を選出し、受講生自ら、企業の採用担当者に向けてプレゼンテーションを行うオーディション形式の就職イベントです。制作会社やクリエイティブ部門を持つ企業などの採用担当者が参加します。集まる企業様は100社~200社ほどで、現場のクリエイターも一緒に参加することが多く、クリエイティブスキルをすり合わせることで、より就職に繋がりやすい場となっています。

有名企業から直接学ぶ、在校生限定インターンシップ企業ゼミ

学内でインターンシップと同じような就業体験ができるデジタルハリウッド独自の就業サポートです。企業の方が講師となり、現場で必要な知識と経験を体験できるワークショップ型セミナーです。企業を知る機会になるうえに、様々な知識がつくため好評です。

卒業後に目指す職種

就職後はWebデザイナー、フロントエンドエンジニア、Webディレクターとして就職する方が多いです。また、Web担当者プランもあり、WebディレクションやWebマーケティングを身に着け、Web担当者としてWebデザイナーとのスムーズな業務進行を目指す方もいます。最近では、グラフィックデザイナーの方がグラフィックデザイン、WebUIデザイン、そしてWebコーディングまで一貫して請け負えるようWebスキルを身に着ける方が増えています。

カリキュラム紹介

デジタルハリウッドでは、Webデザイナーとして就職できるよう、WebデザインからWebコーディングまで一貫して学習します。将来、分業をすることとなっても、前後の知識があることでスムーズに仕事を進めることができるようになっています。
WebのUI(ユーザーインターフェース)をデザインする際にはAdobe PhotoshopやAdobe Illustrator、Adobe XDといったソフトを使うことが主流です。Web制作をする上でまずはソフトを習得する必要があります。そして色・文字・レイアウトなどのデザインに関する基礎知識や、Webサイトの目的に沿ったデザインを考える知識を学ぶ必要があります。デジタルハリウッドでは、ソフト習得やコーディングの習得をどこでも、何度でも見られる映像教材を用意する反転学習を導入しています。そうすることで、未経験の方でも、少々学んだ経験がある方でも、自分のペースで進めることができるカリキュラムとなっています。

Webデザイン・Webデザイナー専攻(夜間)の受講可能日・受講時間

開館日、基本は平日は22時まで、土日は20時まで開館しておりますので、夜間の時間帯にも学習をしていただけます。校舎によって、休館日および開館時間が異なる場合がございますので、お近くの校舎までお問い合わせください。

先輩たちの主な就職先

  • 制作会社系(順不同)

    株式会社ワン・トゥー・テン・デザイン/ドローイングアンドマニュアル株式会社/サイバーエージェント/BIRDMAN/博報堂アイ・スタジオ/株式会社グリーンルーム/ワウデザイン/ベースメントファクトリー/FICC/面白法人カヤック/チームラボ/Wab Design Inc./電通クリエイティブX/株式会社グローバルスタイリング/株式会社 ファイブスター インタラクティブ/ビービーメディア株式会社/株式会社コンテンツ/株式会社LIG/株式会社スパイスワークス/株式会社アンティファクトリー/株式会社メンバーズ/KONTRAST/タテルデザイン/ピークス株式会社 他

  • インハウス系(順不同)

    ヤフー株式会社/主婦の友社/IKEA/ロッキンオングループ/DHC/JAL/エイベックス・グループ・ホールディングス/資生堂/徳間書店/スクウェアエニクス/千趣会/ソニーミュージック/ビームス/リクルート 他

講師紹介

デジタルハリウッドでは多くの方がWebデザインを教えてくださいますが、その一部の講師を紹介いたします。

久保田 涼子 先生

久保田 涼子 先生

フリーランスクリエイター

「ワクワクするモノ・時間・場所を生み出す」をテーマに、もの創りを行うフリーランスクリエイター。Web制作ナレーター業務Coco-Factory代表。クリエイター集団ROOT代表。デジタルハリウッドSTUDIO渋谷・広島講師として講座や教材、ワークショップ開発に多数携わる。国内外のウェブサイトのプロデュース、大手企業のコンサルティングも行う。著書に『Webデザイン良質見本帳』(SBクリエイティブ)

主な制作実績

最新の著書

  • 『動くWebデザインアイディア帳』(共著)ソシム 2020年
  • 『Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集』SBクリエイティブ 2017年

栗谷 幸助 先生

栗谷 幸助 先生

デジタルハリウッド大学 准教授

福岡県久留米市生まれ。中央大学卒業後 流通業に就くが、その際に「人と人とを繋ぐ」という『道具』としての Web の魅力に触れ Web業界へ転進。Webデザインユニットを結成し、Webの企画・デザイン・サイト運営等を手掛けながら、各地でWeb関連の講師を担当。その後、デジタルハリウッドに所属し、現在に至る。また、近年は 教育の場でのICT活用の実践・情報共有を行う教育者チーム『iTeachers』のメンバーとしての活動も精力的に行っている。著書に『デジハリ・デザインスクール』シリーズ各種(共著、技術評論社)、『ドリル式やさしくはじめるWebデザインの学校』(共著、マイナビ出版)など。

主な制作実績

最新の著書

  • 『初心者からちゃんとしたプロになる HTML+CSS標準入門』(共著)エムディエヌコーポレーション 2020年
  • 『初心者からちゃんとしたプロになる Webデザイン基礎入門』(共著)エムディエヌコーポレーション 2019年

Webデザイン・Webデザイナーに関する関連情報

Webデザイナーを目指すみなさんに、参考となる記事を紹介いたします。

上記以外にも、多くの情報がございますので、ぜひ一覧からご覧ください。