未経験の大学生でもWebデザイナーになる方法と勉強方法

美術系、芸術系大学じゃないけどWebデザイナーになれるの?

大学の卒業後の進路を考えるとき、就職、大学院への進学など様々な進路がありますが、就職をするとなると就職先企業や業種、職種を考えますよね。

美術系、芸術系の大学(以下、美芸大)ではない場合、総合職での採用が多く、クリエイティブ職での採用は難しいとあきらめている方も多いのではないでしょうか。

どんな大学生がWebデザイナーの道に進んでいる?

高校生のときに、すでに自分のやりたいことが決まり、美術や絵を描くことが好きで美芸大や専門学校に進んでいる方ももちろんいるでしょう。しかし、美芸大には進まなかったけれど、美術や絵が好き、かつて美術部だった、イラストを描くのが好き、そういった方が、改めて就職活動と向き合ってクリエイティブな仕事につきたいと考える方は多いです。将来を考える時期としてまったく遅くはないですし、Webデザインは様々な企業のWebサイトを作ることが仕事なのでどんな学びも役立ちます。大学で学んだことも無駄になることはありません。また文系、理系などの学部も関係ありません。

どんな人がWebデザイナーに向いている?

向いている人でいえば、デザイン職であれば何か描いたり、作ったりといった創作活動が好きな方はやはり向いています。また、Webサイトはコーディングというコードを書く場面があるため、コツコツ何かに向かえる人、きちんとそろえることが好きな人なども向いています。最近では、コーディング(HTMLやCSS)を学校の授業で学んだという方もいらっしゃいます。その授業が楽しかった方は向いているでしょう。

未経験の大学生でもWebデザイナーになる方法は?

大学は文系でも理系でも関係ないというお話はしましたが、卒業後すぐにWebデザイナーとして働きたい場合は、Web制作のスキルをしっかり身につけなくてはいけません。Webサイトをデザインするには、IllustratorやPhotoshopといったグラフィックソフトを使用します。ソフトの習得は最低限、そのソフトを使ってデザインするために、デザインの知識も必要です。また、高校や大学でも学ぶこともあるコーディングについては、HTML、CSSに加えて仕事にするのであれば、javascript,jQueryまで勉強するとよいでしょう。

Webデザインをスクールで学ぶ

Webデザインの要素であるデザインの知識、ソフトスキル、コーディングを効率よくプロのレベルに引き上げるにはやはりスクールに通学するのは近道です。特にプロが指導をしてくれる学校を選ぶことで、将来目指しているレベル感と自身のレベルの差を埋めるための指導を受けることができます。


Webデザインをスクールで学ぶメリット

体系立てた学びとフィードバック
体系立てて学ぶことができること、フィードバックを受けられることはスクールのメリットといえるでしょう。独学で学んでいると自分が制作したものがあっているのか、間違っているのかがわからないという声をよく聞きます。しっかりフィードバックを受け、制作スキルをあげていくとよいでしょう。


就職支援
就職を目指してWeb制作を学ぶのであれば、就職支援がある学校を選ぶとよいでしょう。とくに大学がクリエイティブ系ではない場合、制作会社やデザインプロダクションからの求人などを紹介や、ポートフォリオの指導をしてくれると心強いでしょう。


人脈/コミュニティ
就職を目指すにも、業界に就職したあとに相談できる仲間を得るにも、人脈が大切です。スクールは一緒に学ぶ仲間、すでに業界で活躍している講師、スクールと縁のある企業などの人脈を築くことができます。


Webデザインをスクールで学ぶデメリット

学費
スクールに通うには大なり小なり学費がかかります。コース、期間などで費用も変わってきます。自身が求めるレベル感や生活スタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。


通学
通学制の場合は移動が必要になります。
学校に通学するために、通学の時間および交通費も必要になってきます。通いやすい学校を選びましょう。

Webデザインを独学で学ぶ

スクールに通わずに独学でWebデザインを学ぶという手もあります。まず始めてみるには良いでしょう。

Webデザインを独学で学ぶメリット

いつからでも始められる
始めたい時に始められるのは独学のメリットといえるでしょう。大学の休みの期間など時間があるときに始めると時間があってよいでしょう。

いつ学んでもよい
いつからでも始められると同時に、いつ学ぶのかも自分で選ぶことができます。大学の授業も自由に組むと思います。その間の時間や、アルバイトの無い日など、好きな時に学ぶことができることはメリットでしょう。

お金がかからない
最近ではWebサイト上にも様々な情報が掲載されているため、無料でもそれなりに学び始めることはできます。ただし、PCは必要なので、環境を揃えることは必要です。もしPCがすでにある環境であれば本やソフトを購入するにしろ、数千円~数万円で始めることができます。


Webデザインを独学で学ぶデメリット

効率が悪い本や教材はたくさんありますが、どれを使えばいいのか、どこから学べばいいのか、学んでいることが最新の情報なのか、自分の制作方法があっているのかなどが分からず、効率が悪くなってしまうことがあります。


プロからフィードバックをもらえる機会が少ない
独学だとなかなか自分が制作したものを見てもらうことができません。

スクーリング(通学)と独学はどう選ぶ?

スクーリングと独学、悩んでいる方もいらっしゃると思います。自分の環境や性格に合わせて選ぶとよいでしょう。また、まずは独学をしてみて、難しいと感じたり、フィードバックをもらいたいと思ったりしたときには、スクーリングを検討するという方もいます。

スクーリング(通学)でWebデザインを勉強する方が向いている人の特徴

どうやって勉強したらいいか分からない、プロに効率よく教えてほしい、就職までしっかり支援してほしい、そういった方はスクーリングが向いているでしょう。自分の家もしくは大学の近く、通学の途中にスクールがあると通いやすいです。

デジタルハリウッドのWebデザイナー専攻は、就職に向けた実践的な課題もあり、ポートフォリオが充実するため、選ぶ大学生も多いです。

独学でWebデザインを勉強する方が向いている人の特徴

すでに身近に指導してもらえる、もしくはどのように学習を進めたらよいかをアドバイスしてくれる方がいる場合は独学でもよいでしょう。また、気づいたらどんどん学んでいるという場合は独学向きです。実際に、独学をしている人は、やりたくてやってしまっているという人は多いです。

自身で進めたいけれど、体系立てた教材を使用したいという場合は、オンラインスクールなども活用できるでしょう。

大学生がWebデザイナーになるまでの流れ

大学生の場合、新卒採用の求人が使えるのが社会人との大きな違いです。新卒採用の就職活動時期は3年生の終わりの時期から4年生にかけて行われていることが多いです。そのため、新卒採用を狙うのであれば、3年生の中盤くらいまでにWebの学びを終え、ポートフォリオを整え、新卒採用でクリエイティブ職に挑戦するとよいでしょう。


もし、そのタイミングに間に合わなかった場合も、チャンスがないわけではありません。Web制作業務は、新卒採用だけでなく、常時採用をやっている企業も多いからです。スキルを身に着け、ポートフォリオさえ作れば、どんな時期でもチャンスはあります。

Webデザイナーを目指すにはデジハリスクール!選ばれるポイントを紹介

大学生も多く通うデジタルハリウッドのWebデザイナー専攻の選ばれるポイントをご紹介します。


・いつでもどこでも!通学しやすいシステム

毎日開館している校舎、常にいるトレーナー、家でも見られる教材と自分の好きな時間を使って学習を進めつつ、通学の良さである指導も受けられるシステムです。


・駅から近い!便利な場所にある立地

デジタルハリウッドは全国にあり、どこの拠点も通いやすい位置ににあるのが特徴です。ご自宅から、大学から、近い場所を選んでご通学ください。


・独自の就職サポート

デジタルハリウッドは多くの卒業生を輩出しています。つまり、業界にOB,OGがたくさんいます。その信頼のもと、デジタルハリウッドには日々求人が来ています。日々求人の紹介を行うことはもちろんのこと、マッチングイベントの実施もしています。

学生に期待の声!Web系企業の採用担当者からの声

デジタルハリウッド出身の卒業生が多くのWeb系企業に就職しています。その活躍ぶりに、企業側も期待をしています。大学生に向けてWeb系企業の採用担当者よりコメントをいただいたので紹介いたします。


株式会社グッドパッチ
経営企画室 HRチーム 新卒採用担当 井上 亜優氏

事業戦略などの上流からサービス・プロダクトのデザイン、開発まで網羅的に関わります。ユーザーに寄り添ったデザインに関心がある方をお待ちしています!


面白法人カヤック
人事部 みよしこういち氏

世の中は常に変化するからこそ、色々なものを作ってみてください。クライアントやサービスに応じてデザインを考え、苦手分野でも面白がって作れたりするデザイナーと一緒に仕事がしたいです。


株式会社博報堂アイ・スタジオ
人事ユニット 新卒採用担当
八島 彩美氏

生活者の暮らしを、得意先のビジネスを、当社の成長を、企み・創ることのできる方、課題解決に向かって創意工夫し、仲間と最後までやり抜く力を持っている方を求めています。

大学卒業後Webデザイナーとしての就職先の一例

制作会社系(順不同)

株式会社ワン・トゥー・テン・デザイン/株式会社サイバーエージェント/株式会社BIRDMAN® /株式会社博報堂アイ・スタジオ/ワウ株式会社(ワウデザイン)/株式会社カヤック/チームラボ株式会社/株式会社電通クリエーティブX/株式会社ファイブスター インタラクティブ/ビービーメディア株式会社/株式会社LIG/株式会社スパイスワークス/株式会社アンティファクトリー/株式会社メンバーズ/株式会社 タテルデザイン 他

事業会社系(順不同)

ヤフー株式会社/株式会社 主婦の友社/イケア・ジャパン株式会社/日本航空株式会社/エイベックス株式会社/株式会社資生堂/株式会社徳間書店/株式会社スクウェア・エニックス/株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント/株式会社リクルート 他