イラストレーター

お仕事内容・主な業務

イラストレーターは雑誌やポスター、Webサイトなどに掲載されるイラストのデザインを中心とした仕事です。基本的には描きたいものを描くアーティストではなく、クライアント(発注者)の要望に沿ったイラストを描くことになります。

広告デザインの場合には、Webデザイナー、グラフィックデザイナーやコピーライターなどとチームを組んで、作品を納品をしていきます。
広告代理店や制作プロダクションなど社内で働くイラストレーターもいますが、フリーランスで働く人も多い職業です。

フリーランスのイラストレーターなら自分からクライアントに売り込んで仕事を取る能力が必要です。最近は、ゲームのキャラクターやアバターや、ゲーム背景のイラストを書くことができるイラストレーターを募集している企業も増えてきています。いづれにせよ、デジタル作画の制作スキルは必要になります。

こんな人にむいている

イラストレーターに向いている人は、基本的かつ大事なことは「絵を描くことが好き」な人です。
描きたいものを描くアーティストではないので、クライアント(発注者)の要望に沿ったイラストを作画し、企業に貢献できることに喜びややりがいを感じることができる人が向いてます。

必要なスキル

イラストレーターになるためには「見る力」と「クライアント(発注者)の要望をくみ取る力」が大切です。
必要なスキルに関しては、基礎的な能力としてデッサン力、イラストレーター、フォトショップなどのデジタル作画のスキルがあると重宝されます。