アートディレクター

お仕事内容・主な業務

アートディレクターとは、ポスター、広告、Webサイト等のビジュアル制作においてデザインチームの指揮をとるリーダーになります。主な仕事内容は、クライアントの要望を実現するべく、企画の段階から納品まで、デザイン面のディレクションとコントロールを行います。まずはクライアントとの打ち合わせから行うのですが、プロデューサー、営業担当者らと共にクライアントにヒアリングし、デザインの方向性を決めていきます。次にチームメンバーの選出を行います。デザインチームとはいえ、クライアントの要望に応じて必要であればカメラマンやコーダーなど、プロジェクト遂行の為に幅広くメンバーを決めていくことがあります。チームメンバーが決まればラフ案を作成し、企画内容やデザインの方向性をより具体的に固めていきます。アートディレクターはチームの指揮をとることがメインではあるものの、規模によっては自らデザイン制作に加わることがあります。ラフ案が出来上がればクライアントにチェックをしてもらい、合意がとれれば、制作を進めていきます。あとは納品まで、進捗状況のチェック、修正指示、デザインクオリティのアップ、軌道修正等を行っていきます。

“アート”とつくだけに通常のディレクターとは違い、ビジュアル面の進行管理を行うため、グラフィックデザイナーとしての素養は必須となります。なので未経験からいきなりアートディレクターを目指すのではなく、ほとんどの場合は、まずグラフィックデザイナーとして経験を積み、そこからアートディレクターを目指します。その他にも、チームをまとめるリーダーシップ、クライアントや制作に関わる関係者と良好な関係を築くためのコミュニケーション力、スケジュールの管理及び調整も必要になります。これらは素養もさることながら、実際にチームの一員として関わっていく中で経験として培われていくものばかりなので、キャリアが必要になってきます。デザインクオリティはアートディレクターの力量によって大きく左右され、またチームメンバーの成長にも関わってくる責任重大なポジションです。求められるスキルも高いので、必然的にグラフィックデザイナーよりも年収が高くなることが一般的です。

こんな人にむいている

アートディレクターになるには、デザイン制作ができることはもちろん、チームを引っ張っていく求心力も必要です。なので、デザイナーとして一人で制作したいという方より、チームでよりクオリティの高い制作を行いたいと考えている方に向いています。また、チーム制作ではコミュニケーション力が非常に重要なので、人と話すことに抵抗がなく、チームをまとめていくリーダーシップがあると理想的です。

必要なスキル

アートディレクターに必要なスキルとしてまずは基本デザイナーのスキルが必須となります。現場にいるデザイナーに『経験』『知識』がなければ的確な指示が出せません。なので実際にデザイナーとしての業界経験を積んでからアートディレクターとしてポジショニングに立たれる方が多いです。またデザイナーとは違い、クライアントに提案するプレゼン能力が求められます。常に最新の情報をインプットする事、また入手した情報をアウトプットするコミュニケーションスキルが必要となります。現場を仕切る立場として納期に間に合わせなければならない。そこでデザイナーのスケジュール管理もアートディレクターの仕事となり、こういった場面に関しても日ごろからコミュニケーションが出来ているかが重要となります。