プロシージャルテクスチャとは

手描きや写真加工によるイメージファイルを使わずに、数式を使って生成されたテクスチャを指す。3DCGモデルのレンダリング時に計算によって生成され、規則性をもったテクスチャの表現に適している。イメージテクスチャと違い、パターンの連続性や陰影の矛盾に意識をする必要がないメリットがある。また、パターンの修正も数値の変更のみで可能となる。またどんな倍率でも解像度フリーなため、綺麗に生成できる。3Dテクスチャとも呼ばれる。Photoshopでの「雲模様」という機能も、こちらのプロシージャルを使った画像生成である。