プリミティブとは

「プリミティブ(Primitive)」とは、直訳すると「原始的なもの」「原型」「根源的な」といった意味を持ちます。3DCG制作の業界では、3DCG制作専用のソフトウェアに標準で用意された、モデリングに基本となるシンプルかつ単純な形状の図形のことを指します。この図形には、立体的な球体、立方体、円柱、円錐、三角形、ドーナツ型のトーラスなどがあります。また基本的にはプリミティブは立体となっていますが、平面的なプリミティブもあります。後から平面から離すことで3次元的なメッシュを作成することができます。

プリミティブの使われる場面

3DCG制作においては、三角形や四角形といった多角形で構成された「ポリゴン」を組み合わせてモデリングしていく「ポリゴンモデリング」や、「スカルプトモデリング」などといった手法が存在します。ポリゴンモデリンングでは、ポリゴンと呼ばれる多角形の集まりで立体を表現していますが、そのポリゴンの角(かど)である頂点を動かし変形させることで面の広さを変え、オブジェクトの形も変化させていきます。
プリミティブは平面や直線ではない「曲線」を使ったモデリングの際に多く使用されます。元から多くのポリゴンの集まりで構成されており、曲面なども初めから表現されています。
このように元から立体になっているプリミティブを用いることで、基本図形から変形させて完成とする形状を比較的簡単に表現することができるようになります。

プリミティブの特徴

プリミティブを使うことで、何百枚ものポリゴンやスプラインを使って地道に作って行かずとも非常に簡単にプリミティブモデルを制作できるようになります。多くの3DCG制作ソフトウェアでは、数クリックで簡単にプリミティブの入力ができます。
また、プリミティブを複数組み合わせいくことで複雑な形状のモデル制作も可能となります。そのため、キャラクターなどのモデリングではいくつかのプリミティブを使用し編集することでモデリングしていくケースが多いです。また、閉じている状態が多いのでブーリアン演算を使ったモデリングでも使用できます。

効果的なプリミティブの選び方

プリミティブは元から立体となっていることもあり、立体的なモデリングをする際はプリミティブの立体から始めるのが有効です。いくつもあるプリミティブを選ぶときは、完成形を想像することでどのプリミティブが完成形に近くなるのかということをよく考えて選ぶことが大切となってきます。3DCG制作を始めたばかりの初心者でも、プリミティブをうまく組み合わせていくことでキャラクターの制作をすることができます。