デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO米子

0120-110-047
米子タカシマヤから徒歩1分、広く落ち着いた空間で集中して学ぶ事できます。山陰で活躍するクリエイター達が集まる場所。

ついに開催!!
近未来ビジネスフォーラム2017 in YONAGO

2017.03.04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

こんにちは!
デジタルハリウッドSTUDIO米子の アイドルTA宮下 です。

3/4(土)に行われた、「近未来ビジネスフォーラム2017 in YONAGO」の模様を、一部始終レポートいたします!

ステージに煌々と輝く、今回のイベント「近未来ビジネスフォーラム2017 in YONAGO」のメインビジュアル。

そして……
2017年3月4日のスタートを飾る、オープニングムービー!

始まった!
始まりました!!

ワクワクドキドキのオープニングムービーは、STUDIO米子のネット動画クリエイター専攻第一期生の卒業生と宮下で共同制作!

すでに泣きそうな宮下。
こんな大舞台で流す動画を作らせていただけるなんて……!!

さて、ここからはぜひ、この動画の音声をrepeat再生にし、BGMとして流しながら読んでください。
「近未来」的な世界が見える……かも!!


司会の本田さん(TSUTAYA角盤町店)と、われらが桂藤陽子マネージャー!
お二人の掛け声で、フォーラムの開始~~!

STUDIO米子のオーナー・平尾貴志社長にもごあいさついただきました。

さてさて、まず、第一部は!
このお方の登場です!!!!

デジタルハリウッド大学・杉山知之学長~~!!!!

杉山学長が米子にいらっしゃるのは実に三年ぶり。
わたしがWebデザイナー専攻を受講スタートした直後のことでした。
その頃はお話が壮大すぎてぽかーんと聞いていましたが、3年たった今、杉山学長のおっしゃる「デジタルな未来」がリアルに想像できました。

わたしが大好きな、杉山学長のことば。

バカにされよう、
世界を変えよう。

バカにされていると安心する、と、学長はおっしゃいます。
デジタルハリウッドをスタートしてからずっと、バカにされるたびに何かを成しえてきたから。
バカにしている人は、バカにされている人の可能性を見ていないから。

観客は、STUDIO米子の受講生・卒業生もたくさん。
みんな、ずっとバカにされながら大きくなっていこうぜ!

そして、なんと!!
こんなスペシャルなゲストも登場!!

鳥取県知事・平井伸治様です~。

杉山学長との対談も実現!

「デジタルハリウッドが、日本で二番目に米子にできるなんて、誰も想像していなかった。
でもそれを実現し、210名もの卒業生を輩出し、クリエイターとして育っているというのは、とてもすばらしいことです!」

……知事が一番STUDIO米子のプレゼンがうまい(笑)

最後はお得意のギャグで締められ、いい感じに会場が暖まっていたそのころ……


会場の外。

左・宮下。
会場の外で第二部のセミナーの最終の台本チェック中。
余裕ぶっこいてる風だけど、初めての「モデレーター」なるものを務めるので、久々に顔を白くして緊張している。
笑顔にキレがない。

右・細田香織(卒業生)。
米子コンテンツ工場のブースの見張り中。
余裕ぶっこいてる風だけど、準備で前日ほぼ寝てない。
だからというわけではないが、目が開いてない。



そして今回の近未来ビジネスフォーラムのプロジェクトリーダー・櫃田真由美。


今日のために、実務の合間を縫ってずっと奔走していた櫃田さん……。

今日も朝からずっと走り回っていた櫃田さん……。
ほんとうにありがとう。

第二部のスタートです!


満を持して、米子コンテンツ工場のメンバーが登場です。

なんと、株式会社クリエイターズマッチの呉社長と、クリエイターズマッチの大先輩パートナーの秦亜紀子さんと一緒にトークセッション!
もう逃げも隠れもできない……。


呉社長は、「クリエイターが働きやすい世界の創造」を目指す株式会社クリエイターズマッチの代表をされています。

2015年からのお付き合いになりますが、デジハリ米子と米子コンテンツ工場にとても目をかけていただいています。
セミナーも数えきれないくらい聞きました。
そんな方と、今日、こうして肩を並べてトークセッションさせていただける日が来るとは……!

感無量です……。


2020年、三年後クリエイターの未来はどうなっているのか、わたしたちは何を目指すのか。

「クリエイターの横のつながり」「地方」「教育」などをテーマにトークさせていただきました。

三年後、遠くて近い未来。

三年前の2014年、STUDIO米子を卒業するとき、三年後の2017年にこんなことになっていようとは、わたし自身が想像できなかったので、さらに三年後の2020年なんて、きっと今夢みたいにバカなことを言ってても、実現できたりするのかな、なんて思っちゃってます(笑)



会場の外では、米子コンテンツ工場の制作実績も飾ってもらえました。

米子コンテンツ工場のメンバーも、三年で60名。実績の数もどんどん増えています。

なんだか本当に、今回のフォーラムは、人とのつながりをすごく実感したイベントとなりました。
STUDIO米子と、卒業生のチームである米子コンテンツ工場を応援してくださる人がたくさんいて、それが励みになって、またがんばれる。

夢のようなひと時を作ってくださり、みなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

最後に、みんなで。


ここにいるメンバーで、また集まって、「あのとき言ってたことが本当になるとは」って、また言いたいですね。

みなさん、本当に本当に素敵な時間をありがとうございました!

------------------------
近未来ビジネスフォーラム、次回は来年、STUDIO熊本にて開催予定です!!
米子もなにかおみやげ話引っ提げて絶対に参加します!!