デジタルハリウッド(専門スクール)

スクールの理念

日本唯一の、大学・大学院を併設した
社会人・大学生向けプロ養成クリエイティブスクールです。

NEXT STAGE - すべてがデジタルでつながった新しい世界

デジタルで未来の仕事・生活はもっと楽しくなる!

今、世界は加速度的に変化しています。伴って産業が変わり、働き方も生活もさらに変化を

していくでしょう。私たちをとりまく、社会の5年後を考えてみませんか?

デジタルハリウッド学長 杉山知之の人気講義”デジタルメディア概論”特別編を公開中です。

動画の続きはこちら>> Lecture 02  Lecture 03


デジタルハリウッド 学長 杉山知之 (工学博士)

1954年東京都生まれ。

87年よりMITメディア・ラボ客員研究員として3年間活動。
90年国際メディア研究財団・主任研究員、93年日本大学短期大学部専任講師を経て、
94年10月デジタルハリウッド設立。
2004年日本初の株式会社立「デジタルハリウッド大学院」を開学。
翌年、「デジタルハリウッド大学」を開学し、現在、同大学・大学院・スクールの学長を務めている。
マルチメディア放送ビジネスフォーラム代表、福岡コンテンツ産業拠点推進会議会長、
メタバース協会会長、内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会委員を務め、
また「新日本様式」協議会、CG-ARTS協会、デジタルコンテンツ協会など多くの委員を歴任。99年度デジタルメディア協会AMDアワード・功労賞受賞。
著書は「クール・ジャパン世界が買いたがる日本」(祥伝社)、
「クリエイター・スピリットとは何か?」(ちくまプリマー新書)ほか。

この時代を予見して1994年に設立されたのがデジタルハリウッドです。

産学協同型 実践的クリエイター養成スクール

1994年10月、まだパソコンでホームページを見ることが本格的に始まる2ヶ月前、専門スクール「デジタルハリウッド」は設立されました。

時代に先駆けたデジタルコンテンツ制作専門スクールは、大手電機メーカー、テレビ局、ゲームソフトメーカーなど数多くの企業や団体から賛同と協力を得て、日本初の「産学協同型 実践的クリエイター養成スクール」を実現したのです。

デジタルハリウッドと産業界との強固なコネクションは、ここから始まっています。
そして、2004年には株式会社立の専門職大学院、2005年に4年制大学を開学。
世界各国からの留学生と企業と共にデジタルコンテンツの研究が進んでいます。

現在はさらに多くの企業ネットワークを築き、デジタルコンテンツ産業の変化と共に進化を続けています。

強固な企業ネットワーク「デジタルハリウッド・パートナーズ」
ジャンルを超えた企業群。デジタルハリウッド生への期待は大きい。

設立当初より人材育成のためのスクールコンセプトとしてきた「実践的産学協同」を推進し、

「求人」や「カリキュラムの共同開発」、「在校生・卒業生によるインターンシップ・OJT」などを

ともに取り組んでくださる企業を中心とした会員組織。それがデジタルハリウッド・パートナーズです。