デジタルハリウッド(専門スクール)

STUDIO渋谷

0120-382-810
渋谷駅徒歩5分の好立地。ハイブリッド学習のSTUDIO本校です。

基礎から学ぶ授業に潜入!初心者向け講座スタート!

2017.06.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pocket

 

こんにちは。STUDIO 渋谷卒業生の小西 芽衣です。
"Webデザイナー専攻ビギナープラン" のクラスライブ授業の第一回目の授業に参加してきました!

Webデザイナー専攻ビギナープランとは…

6月より開講した将来Webデザイナー、UIデザイナー、アートディレクターになりたい未経験・初心者向けのプランです。
見る・描く・表現する力を養うデザイン基礎授業から始め、デザインの応用テクニックを段階的に身に着けるカリキュラムだから未経験者でも安定したデザイン力が身につきます。

 

今回はそんなWebデザイナー専攻ビギナープランの第一回目の授業、『デッサン講座』をレポートします!

まずはじめに、大里浩二先生をご紹介!

【プロフィール】
大里浩二(おおさと こうじ)
アートディレクター/THINKSNEO代表/大阪芸術大学、東京工科大学、東洋美術学校 非常勤講師

広告・C I・ウェブ・エディトリアルの幅広いジャンルのデザインを手がける傍ら、学校講師や特別講演にてデザイン論や色彩論などの教育に携わる。また、デザイン書の執筆・監修も行っている。

監修書:『すべての人に知っておいてほしい デザイン・レイアウトの基本原則』(MdN)など

著書:『カラーと配色の基本BOOK』(ソシム)など

物を捉える“観察眼”を養う『デッサン講座』

まずは、鉛筆削りから!手元がよく見えるように、デッサンの鉛筆は芯をすごく長くするのが基本!

五種類の濃さの違う鉛筆を削り濃淡グラデーションを作ります。濃さが違っていても、描く強さで色が変わる為、綺麗なグラデーション作りは思ったより難しいです。

デッサン目線でモノを見ると、意外とモノを見ていないことに気付きます!

濃淡グラデーションをもとに、マグカップのデッサンを開始!自分の利き目だけを使って、まずは構図を決めていきます。

正確な構図決めをするポイントは、鉛筆を使ってマグカップの縦と横や持ち手のサイズを測り枠線を描くこと。

理解するのは簡単だけど、実際自分のデッサンに反映させるのはすごく難しかったです。

目を細めて影を観察したり、鉛筆でサイズを測ったりと、いつも使わない視点でモノを見るトレーニングができました。

Webデザイナー専攻ビギナープランでデザイン基礎力を鍛えよう!

授業で使用するテキストは大里先生の監修です!

今回、参加された受講生の皆さんも、とても真剣にデッサンに取り組まれていました。

デッサンというと『上手に描く』という部分ばかりに気がいってしまいますが、実は『モノをしっかり見る』ことが大事であることが授業を通して分かりました。

--------------------------------------------------

【授業で使用する本のご案内】※右写真

グラフィックデザイン基礎講座(玄光社)/大里浩二監修

3つの構成でデザイン専門学校やプロのデザイン事務所でしか学べないようなノウハウを効率良く習得できるハンドブック!誰もが知っておきたいデザインの基本セオリーや、デザインのテクニック、デザインを進めるための流れと思考方法を学べます!

--------------------------------------------------

Webデザイナー専攻ビギナープラン気になる方は是非!説明会にいらしてください!

 

授業見学付きスクール説明会

授業見学付きスクール説明会

ご興味ある方はスクール説明会へご参加ください。

無料説明会のお申し込み