GitHubとは

「GitHub(ギットハブ)」とは、GitHub社(日本法人はギットハブ・ジャパン合同会社)が運営する、開発プロジェクトのためのソースコード管理ができる「Git(ギット)」を使ったウェブサービスです。

世界中のあらゆる人がプログラムコードやデザインデータなどを保存、公開することができます。開発者にとってなくてはならない存在で、コードだけではなくデザインや記事のライティング、Excelなどの管理や納品にも使われています。

GitとGitHub

まず「Git」とは、プログラミングの現場などで使われる「バージョン管理システム」です。

Gitを使うと複数人でのファイル編集の際の不自由さを解決することができ、いつ、誰が、どこを変更したかという変更履歴が管理できるため、チームでの開発が行いやすくなります。また、変更履歴を管理できるため、手元にたくさんのファイルを保持しておかなくても、過去のバージョンに戻すこともできます。

GitHubはこのGitの仕組みを使い、世界中の人が自分のコードやデザインを保存して公開することができるようにしたウェブサービスです。

GitHubの特徴

Gitはコマンドラインで操作をする「CUI(キャラクターユーザーインターフェース)」でコンピューターに指令を出しますが、GitHubを使うとブラウザ上でアイコンやボタンをクリックする「GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)」で操作ができるため、コマンドラインが使えない人やエンジニア以外の人も使いやすくなっています。

GitHubは無料で使うことができ、特定のユーザーのみアクセス可能なプライベートリポジトリの作成も出来ます。その他にもコード管理以外のコラボレーション機能も充実しています。

GitHubでよく使う用語

リポジトリ

リポジトリとは、ファイル、ディレクトリの状態を保存しておく場所のことです。リポジトリには2種あり、自分のマシンの内にある「ローカルリポジトリ」、サーバーなどネットワーク上にある「リモートリポジトリ」があります。

コミットとプッシュ

コミットとは、変更点や追加点をローカルリポジトリに登録(保存)することです。プッシュとは、ローカルリポジトリで行なった変更点や追加点を、リモートリポジトリに送信・更新することです。

ブランチ

ブランチとは、1つのプロジェクトから分岐させ、現在公開しているプロジェクトに影響を与えずに開発を行えるようにするものです。分岐されたブランチは他のブランチには影響を与えないため、それぞれのブランチでバグの修正やメンテナンス、機能追加などが行えます。

関連ワード