デジタルハリウッドSTUDIO山口 ブログ

【卒業生の声 vol.6】未経験のママがWEBスキルを身につけ転職を実現!

2020-03-11

未経験のママがWEBスキルを身につけ転職を実現!

2019年10月にWebデザイナー専攻 主婦ママクラスを卒業され、現在はデジタルハリウッドSTUDIO山口の紹介で山口大学の事務職員として勤務されている渡邊麻子さん。講師の方や学生さんたちに刺激を受けながら楽しく働いていらっしゃいます。

渡邊さんは二人のお子さんのママであり、家事・育児や仕事にと忙しい日々を送りながら、見事カリキュラムを修了されました。そんな渡邊さんのデジタルハリウッド受講のきっかけや、受講するにあたりご家族の理解をどのように得られたのか、そして転職を実現するまでを詳しくお伺いしました!

STUDIO山口で身に付けたスキルをもとに
山口大学の事務職員に採用!

現在のお仕事など簡単に自己紹介をお願いします。

2019年の4月に入校し、10月に卒業しました。卒業する間近にデジハリさんにお仕事を紹介していただき、現在は山口大学で事務補佐員として働いています。具体的な仕事内容は山口大学の一年生の方に共通教育の「データ科学と社会」という授業の学外講師の方と連絡を取ったり、カレンダーを作る作業をしています。


渡邊さんは現在、お子さんが二人いらっしゃるんですよね!

はい。小学校3年生と6年生の息子がいます。


これまでの経歴や、受講する前の状況をお聞かせください。

結婚する前は東京のジャーナリスト専門学校に通っていました。編集の仕事がしたくて上京したんですがなかなか思うような職業につけなくて…その後、実家が広島で美容院をしていたので美容院のお手伝いをしようと思い、美容師の専門学校に通いました。美容師の免許を取ったのですが、体を痛めてしまい続けられなくなりました。再び求人を見ていると地元の方で編集の仕事があり、少しだけ携わったのですが、その時ちょうどパソコンを使って仕事をするようになってきたので、私が学んできた紙の編集技術ではついていけなくて辞めました。その後事務職に就き、結婚を経て、アメリカのミシガン州に住んでいた時にハンドメイドと出会い、子供が生まれてからも隙間時間に作るようになりました。帰国後は二人目が生まれて、土日だけ仕事を始めました。


どのようなお仕事だったんですか?

館内の案内(インフォメーション)のお仕事です。人にわからないことを教えてあげると喜んでくれるというのが嬉しくて、今でも続けています。その後、子供が小学校に行き始めると平日に空き時間ができるようになったので、趣味のハンドメイドを再開しました。最近はWEBショップを立ち上げている方も多く、フリーマーケットなどにいくと名刺やポップをご自身で作られていたりしている方を見て、こういうものを自分で制作できたらもっと売れるかなと思うようになりました。その頃、デジタルハリウッドさんのチラシを見かけて、説明会に来ました。


STUDIO山口の特長はこちらから!


家族の賛同を得て学習に打ち込んだ7カ月

土日のお仕事は旦那さんとの休みが合わなくなると思いますが、旦那さんの理解は得られましたか?

最初は快諾ではなかったです。夫には「家族で休みを過ごしたい」と言われました。でも、私としては家に一人でいると喋る人もいないし、幼稚園もバスが送り迎えしてくれていたのですることがなかったんです。それで「もう一度、働かせてほしい」とお願いしたら「休みもちゃんと取れるならいいよ」と言ってくれました。


主婦ママの方がよく気にされるのが、旦那さんの許可が取れるかと言うことなのですが、渡邉さんはいかがでしたか?

うちの場合、まず何をするにもプレゼンが必要で、「こういうことを始めて、私がこうなっていくのはどうかしら?」みたいな話をするんです。すると旦那さんから費用や環境についての質問があるので、当時はデジハリさんにたくさん質問させて頂きました。納得しないとOKはくれないです。


その時にご主人と交わした約束とかあるんですか?

主婦ママクラスは午前中も学習できる環境だったので、「子供が帰る時間までには家にいる」という約束をしました。また、今まで私がしてきたことはなるべく今まで通りするという約束もしました。「課題提出の締め切りが近くなった時はごめんね」とは伝えましたが、、、


オンラインとスタジオを上手く活用し
見事カリキュラムを終了!

スキルを習得されてから、ご家族の反応はどうですか?

ここに通っている時も飲み込みが遅くて、向いてないのかなあと自信がなかったのですが、卒業制作が完成して卒業できたとき、家族から「すごいねママ!」や「おめでとう!」と言ってもらえて嬉しかったです。やっている時も「ママかっこいい!僕もそういうのしてみたい!」などと言われて、子供からアドバイスをもらうこともありました。


デジハリで学習しようと思った決め手は何ですか?

オンラインで学習出来るというのが大きかったです。私が飲み込みが遅いのはわかっていたので、わからないところがあると動画を止めて繰り返し見たりできるというところに惹かれました。基礎は家でオンライン動画を見て勉強し、それでもわからないところをスタジオでトレーナーさんに聞いていました。


実際に学習を進めてみて大変だったこと、楽しかったことを教えてください。

コーディングが苦手で、大変でした。最初はデザインの学習から始まりましたが、すごく楽しくて好きだなと思いサクサク進んでいたのですが、コーディングに入ると難しくてなかなか進まなくて。自分の打ち込んでいるコードが全然反映されなくて「なんで!?」とよくパニックになりました。


やりたい!と思った今がチャンスの時

卒業制作の題材はパンとお菓子の教室の架空サイトでしたね。どうしてそのテーマに決めたんですか?

一時期パン教室を開きたいなと思っていたことと、卒業制作を楽しく作りたいなと思ったので、自分の好きな物なら素材集めも楽めると思いこのテーマに決めました。本当はちょっと気難しく自治会や子供会のホームページがあれば便利だなと思って作ろうかとも思っていたんですが、自分が卒業制作をそのテーマで作るにあたって、難しい言葉などわからなくて調べる事がたくさんあり、楽しく作れる道を選びました。


就職活動の時やトレーナーからお仕事を紹介された時など、プレゼンをされたんですか?

それはなかったですが、就職活動では履歴書を見て今までしてきたことを聞かれ、さらにデジハリでどのようなことを学んだかも聞かれたので、Photoshopやillustratorを学びましたという説明をしました。ポスターやホームページの更新もできるのかを聞かれたので、ぜひやりたいです!とお答えしました。現在の職場ではビデオ編集のお仕事もあるのですが、そこで学生さんとふれあい、活力を頂いています。職場はいい人たちばかりでとても楽しいです。




最後になりますが、受講全体を通しての感想をお願いします。

こんなに勉強する事が久しぶりですごく頭を使いました。課題の締め切り前になると、いざパソコンの前に座っても全然うまくいかなくてあっという間に時間が過ぎて焦っていました。また、講評会などプレゼンの時は人前でしゃべる機会が今までなくて、すごく緊張しました。同じことを何回も言っちゃったり、頭が真っ白になったり、とってもとっても緊張しました!新しい知識を得る楽しさを学び、とても刺激的な経験になりました。


これからWebデザイナーになりたいと思っていて一歩を踏み出せていない人たちに向けてアドバイスをお願いします!

やりたいな!と思ったらやった方がいいと思います!私は後悔していないので、今だと思った時を逃さないように行動するべきだと思います。


( 編集後記 )

渡邊さんは2児の母であり、忙しい日々を送られていたと思いますが、見事カリキュラムを終了されました。未経験からの受講ということもあり、受講中は苦労されたことも多かったと思います。やりたい!と思ったその時に思い切って挑戦し、やり切った自分に後悔はないとおっしゃっていましたが、その行動力と毎日の積み重ねでご自身の希望する仕事に就くことができたのだと思います。趣味のハンドメイドなどもまた始められたとのことで、今後はそのハンドメイドのホームページなども作られるとますます活躍の場が広がりそうです!頑張って習得されたスキルをお仕事や趣味に活かしつつ、楽しんでスキルアップされていく渡邊さんをSTUDIO山口スタッフ一同応援しています!

【その他の卒業生の声】

運送業界からWeb業界へ

転職を目指して走り抜けた10ヶ月間

営業事務からWebデザイナーに転身

フリーランスで夢を実現!!

ダブルスクールでWEBスキルを習得することは将来の自分への投資



転職を目指すならWEBデザイナー専攻 転職強化パック!

無料体験や説明会は随時受付中です!お気軽にお問い合わせください。

Web制作現場に就職・転職する人に向けてサポートを強化した新パックがSTUDIO山口でも開始!
第一線で活躍しているプロに基礎から応用までスキルを学び、無理せず続けられるワークスタイルに変えて自分の時間を手に入れよう。



STUDIO山口では 「Zoom」 と呼ばれるPC・スマートフォンでご利用可能な無料のアプリを使用して説明会を行っています。ビデオ通話でも背景は変更が可能ですので、どこにいても安心してご参加いただけます。



その他のSTUDIO山口のブログ

BLOGS