デジタルハリウッドSTUDIO山口 ブログ

【卒業生の声 vol.1】未経験だった私がショップ店員からWEB担当者に転向した理由

2019-09-22

携帯ショップ店員からWEB担当者になるための6ヶ月間

2019年1月にWebデザイナー専攻 Web担当者プランを卒業され、ご主人のお仕事の関係で6月に名古屋に移住された相見美里さん。ご結婚前から所属している山口の会社に在籍しながら、Webスキルを生かしてリモートワークを実践されています!

山口県下関市にお住まいだった相見さんは、デジタルハリウッドSTUDIO山口(以下、STUDIO山口)が開講する1ヶ月前に説明会に来校されました。相見さんがここに通学することを決めたきっかけや、受講期間中の今だから話せる裏話や、ご卒業後の活動について詳しくお伺いしました!

自社でWEBサイトを運用できる人材になるために。

どのようなお仕事をされているのですか?

携帯ショップで店員をしています。接客の仕事とチラシを広告会社に発注する業務を担当していました。その他に、店頭の展示レイアウトも任されていました。デザインが上手いとか下手とかは別なんですけど、販促物を作ることがすごく好きだったんです。


Webを学ぼうと思ったきっかけは?

業務の中で、ポスティングやフリーペーパーの発注もしていたのですが、やっぱり紙媒体を使っての広告は効果が薄れていっているなぁという実感がありました。そんな時、ショップにWEB広告代理店の営業さんがいらっしゃったんです。職場の会議でもWeb系の広告を試しに一度行ってみよう、という話になりました。WEB広告では、それなりに効果を出すことはできました。だけど、結構コストがかかるじゃないですか。3日間で、10万円とか・・・。それならば、自社でWEBサイトを作って運用すれば、コストダウンにもなると考えて私がWeb担当者としてWEBスキルを学べるスクールに修行に出ることになったんです。


WEB広告代理店さんはランディングページを作ってくれた、ということ?

はい。ランディングページとGoogle広告のセットのようなものでしたね。LP制作に3日間の広告プラス、ログ解析をまとめたもので10万円。これを見た時に、もともとパソコンを触ったりすることも好きだったので自分でもできるかも!って思いました。自社で制作できればコストダウンにも繋がりますしね。WEB広告の効果は感じていましたし、どうにか継続したかったので。


STUDIO山口を選んだ決め手は?

他のスクールも検討している中で、ちょうどオープンしたばかりのSTUDIO山口を見つけました。その他のパソコン教室と比べると、自由度が高いというか、クラス制ではないので自分の都合の良い時に学びに来れるじゃないですか。あと、ライブ授業や懇親会もあってWEBの勉強だけじゃなくていろいろな人との出会いもあって楽しそうだなぁと感じたのも大きかったですね。下関市からの通いでしたが、仕事で山口市に定期的に来ることがありましたし、逆にペースが掴めたかもしれないです。山口市のゆったりした雰囲気が自分には合っていた気がしています。

実務を見通しての学習プラン

受講期間中は、スムーズに学習を勧められましたか?

もともと、illustratorやPhotoshopは勉強したいなと思っていました。実際にグラフィックソフトに触ってみると、便利だなというのと単純に楽しいなっていう印象がありました。HTMLやCSSは、何せ英語が苦手なので、最初は抵抗がありました。でも、理解し始めると、コードが絡み合ってなんだかパズルみたいな感覚で出来上がっていくんですよね。それがブラウザ上で動くと感動モノでした。もちろん、難しいところもありましたけど、躓いても、トレーナーさんが教えてくれるので安心して学習を進めることができました。


Adobeソフトを使ってデザインすることへの憧れがあったのだとか。

仕事では、ExcelやPowePointでチラシも作っていました。でも、細かい部分までこだわろうとするとズレたりして気になっていました。クオリティをあげられたら嬉しいなって常に思っていて。いつも広告会社にお願いして制作してもらったチラシを見て、こんなにも違うものなのかって思っていました。ツールが違うだけでデザインの細かいところまで突き詰めたいなら絶対必要だと思いました。Adobe製品って高いじゃないですか!(笑) 自分で買うまでいかなかったんですよ。買ったはいいけど、使わなかったらどうしようって。でも、今回学んでみて、illusutratorを使ってしまうと使いやすさと仕上がりの違いに感動して、ライセンスが切れても自分で購入しようって思ってます。ここでグラフィックソフトの使い方も学んだので、今後もチャンスがあればデザインワークにも取り組んでいきたいです。


企画制作の他に、企業研修受講ならではの運用も経験。

パソコンでの表示はうまくレイアウトできていても、レシポンシブの時にスマホで見てみるとダメっていうことはありました。レイアウトが崩れてしまうことはちょこちょこあって、なんでだろうって悩むことは多かったです。私が選択したWEB担当者プランは卒業制作がないコースになりますが、携帯ショップのランディングページを作るというお題が最初から課せられていたので、ショップのアピールポイントも入れて、お問い合わせがしやすいデザインってどんなんだろう?とか、そのためのボタンってどんなデザインにしたらいいだろうって悩みましたね。いろいろと考えて作るんだけど、本当にこれでいいのかなってまた迷って悩んで。。。そんな時は、トレーナーさんに相談して、ここの色はメインカラーと合わせたほうがいいよ、みたいな感じで話し合いながら完成させた感じです。でも、私の場合は実際の運用をショップで経験したので、それ以上に大変だと感じたことはこのページを毎月更新しなければいけないということだったんです。月毎の内容の更新ですが、日付やキャンペーンの内容も更新して行くので、ちょっとずつ変わっていきます。そうすると、例えば、ランディングページの最大の目的である問合せボタンを押してもらう成約まで繋がらなかった、ということなんかもあって。デザインが悪いのか、キャンペーンの内容が悪いのか?自分だけでは、わからなかったです。そんな時は、トレーナーさんや会社の人の意見を聞くと自分だけの感覚ではわからないことに気づくことが多かったですね。色々な人の意見を取り入れながら更新することの重要性を感じました。今後の業務では、サイトの効果を見ながら、検証して改善をして行くことに注力できそうです。実際会社に戻って作業してみるとWEBの内容を理解できる人がいないので、これは私たちの業界に限ったことでなく、どんな業種でも必要になっていくと思います。

WEB担当者として、これからのこと

STUDIO山口での学びについての感想は?

ここだと、躓いても先生が助けてくれるんですよ。会社で1人きりで制作しているとわからないことはそのままで止まってしまう。試行錯誤するんですけど、解決しないことも多くて。STUDIO山口では、1人で考えるのと違って、トレーナーさんと一緒に考えるので気分的に楽になれた。頑張れましたね。でも、今後は自分で解決していくことに慣れていかないと、と思います!


今後、ここで学びたいと考えている方にアドバイスするとしたら?

自分で解決する方法を学んでおくことは、すごく大切かもしれないです。あと、ライブ授業は実践で使える内容が多かったなという印象です。例えば、デッサンワークショップや見出しのデザイン方法なんかも面白いんだけど、リモートワークする時に必要になるグループウェアやアプリなどについての授業もあって、実際に仕事をするときのコミュニケーション方法を学習することができてとても参考になりました。また、自宅でも学習はできますが、自分に負ける時があります。なので私はスタジオで学習した方が集中できました。家でも頑張れる人は家庭学習とスタジオ学習を併用することで効率的に学習できると思います。STUDIO山口は、自分のライフスタイルに合わせて学習できることが一番の魅力だと思います。


今後の目標について教えてください。

とりあえず、ランディングページを毎月作っていくことが仕事としてあるので、継続していきます。そして、内容をしっかりと検証して改善していくことに取り組みたいです。できれば、ランディングページの比較なども行い精度を高めていきたいと考えています。また、STUDIO山口で開催されたWEBアナリスト検定も取得したので、運用していく上で分析にも挑戦していきたいです。そしてそして、WordPressも勉強して、今後は会社のホームページを修正していきたいと考えています!業務の中で制作の機会がふんだんにあるので、すごく良い経験を積めそうなんです。デザインだけでなく、コピーとかライティングなども考えていきたい。そうすることで総合的に力をつけていきたいんです。別のショップのサイトも担当することになるのですが、自分の店舗と違う地域のお店なので、お客さんの層が全く違うんです。そのため、内容やデザインにも気を遣っていかなければと思っています。あ!あと、写真を撮ることが好きなので、今まで撮影した写真を紹介するポートフォリオサイトも作りたいです。

相見さんは、企業研修としてスキルアップのために受講されました。お仕事での販促業務を経験されていましたが、WEBデザインは未経験からの受講でした。在学中に、実際の自社ショップのランディングページを制作され、卒業後はそれをしっかりと運用されています。講評会には下関から相見さんの上司も駆けつけ、プレゼンもしっかりこなされた相見さん。受講のきっかけにあったように、WEBでの販促と「自分たちでもできるのではないか!」と感じ、企業としてWEB担当者を育てるというという取り組みを実施された企業の姿勢も素晴らしいですよね。社内にしっかりとWEB部隊を抱えることが難しい現状が山口にはありますが、相見さんのインタビューから社内にWEB知識を持つ人材が1人でもいることが大きな強みとなり、業務改善に繋がるのだと感じました。デジタルハリウッドSTUDIO山口では、地方で新しい働き方を考えることを一つの命題としています。相見さんのようなWEBスキルを携えた人材が山口を盛り上げていってくれることを願っています。そして、相見さんのますますのご活躍を期待しています!!

【その他の卒業生の声】

運送業界からWeb業界へ

転職を目指して走り抜けた10ヶ月間

営業事務からWebデザイナーに転身

フリーランスで夢を実現!!

その他のSTUDIO山口のブログ

BLOGS