デジタルハリウッドSTUDIO吉祥寺 ブログ

【授業レポート】
Unityゲームエフェクトを極める講座に潜入!<前編>

2020-08-18

こんにちは。デジタルハリウッド スタッフ 吉井です。

STUDIO吉祥寺にて、開講中の「ゲームエフェクトパック」について、デジタルハリウッド東京本校卒業生の望月さんに授業内容やサポートについてレポートをいただきました!ぜひご覧ください。


こんにちは、ゲームエフェクトパックに参加中の望月です!早くもカリキュラム半分が経過しました。

今回はゲームエフェクトパック前半戦の振り返りと講座のサポート体制についてお伝えしていきます。自粛ムードで受講を躊躇されている方、気になっている方はぜひご一読ください。

【ゲームエフェクトパック スケジュール】

・月1回のクラス授業(オンライン参加可能)

・月2回のオンライン指導

・Salckでの随時質問

さて、緊急事態宣言の中で始まった講座ではありましたがオンラインでのサポートが充実しており、問題ないどころか大満足の内容でした。それぞれのサポート内容について細かく見ていきたいと思います。

【講師陣のサポート by Slack】

エフェクトの添削履歴(slack) 

受講期間中は「Slack」というチャットツールを使用し、講師、トレーナー、スタッフの方と連絡を取り合うことになります。

分からないことや質問はほぼすべてチャット上のやりとりで完結され、技術的な回答をいただきます。

基本的な内容から、作品に対するフィードバックまで丁寧に答えてくださり、困ったことがあれば気軽に相談することができる環境です。

個々のエフェクト事情に合わせた細かい質問まで全て答えていただいています。独学ではここまで丁寧に、且つ確実にフィードバックを貰える環境を作ることは難しいでしょう。

自分の質問だけではなく、他の受講生さんの質問内容も全て確認できるため、学習初期にはより効率的に疑問点が解消されていくと思います。

質問数に制限はなく、質問し放題です!やる気があるだけ得をするといった感じでしょうか。

【オンライン指導 by ZOOM】

オンライン指導の様子(ZOOM)

「オンライン指導」が月2回のペースで開催されています。画面共有をし、受講生の作品のフィードバックや、制作についてにアドバイスがメインとなります。オススメの学習方法など、ご自身の失敗例を初学者にも分かりやすく伝えてくださいます。

「オンライン指導」という名目ですが、他受講生さんとの交流や情報交換、モチベーションアップの場として利用されることが多いです。

基本的には自宅学習がメインになってくるので、オンライン指導が気分転換の場として機能しているのだと思います。他受講生の制作指導の様子を見るだけでも、勉強や発見がありますし、受講された方にはぜひ積極的に利用していただきたいですね。

【クラス授業の様子】

4か月の受講期間中(今期はコロナの影響で変則的でしたが)月1回ペースで先生の直接授業が開かれ、現在2回分終了したところです。

第一回は動画教材のおさらいと業界内部のお話、第二回は中間課題の作品講評、フィードバックがメインでした。

第一回目の授業では、動画では知り切れない細かな表現の考え方であったり、最近のゲームエフェクトの潮流などのお話が聞けました。ネット検索でも出てこないようなニッチな情報なので、お話として聞くだけでも大変興味深いものがありますし、エフェクト制作に間違いなく役立つ情報です。

また第二回目の授業は中間発表ということで、受講生が作ったエフェクトをその場で講評、添削していただきました。

添削後エフェクトイメージ図

分かりやすさもそうなのですが、絵が出来上がるスピード感や、エフェクトの特徴のとらえ方など、圧巻の作業に大変刺激を受けました。

生の空気感というのはモニター越しでは感じ得ない何かを与えてくれるようです。

大変な時世ではありますが、可能であれば面と向かった授業を受けてみたいと改めて思い知らされました。

※授業はオンラインでも受講可能です。オンラインのみで参加されている方もいます。

【さいごに】

気づけば、あっという間に中間課題が過ぎ去っていきました。

「時間を決めて作品を完成させる」ということがいかに大切か改めて気づかされる期間でもありました。

「作りたいエフェクト」と「制作コスト」のバランスの見極めが難しいのですが、ここを見誤ると、フィードバックを貰えないまま受講期終了なんて事にもなるかもしれません。

せっかくプロの方たちからアドバイスをいただける環境なのですから、講師の方たちを使い倒すくらいの気持で参加されるのがちょうど良いのではないかと思います。

やる気のある方であれば確実に成長できる環境です。興味のある方は、まずはお話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

今回はゲームエフェクトパック前半の振り返りでした!

授業後編レポートはこちら!


CGGYMゲームエフェクトパックって?

ゲーム業界で活躍するエフェクトデザイナーとしてのスキルを極め、一点突破でゲーム業界での活躍を目指すコースが誕生!



お仕事に直結!1期生の実績例
・Wスクールでゲーム業界 インターン内定獲得
・お仕事と両立した学習で副業 エフェクト案件受注

大学生でWスクールをされる方や、社会人でスキルアップをされたい方、年齢も20代~40代と幅広い層の方が学習をされています! 詳しい内容は下記コース詳細よりご覧ください。具体的な学習内容や、受講生の声をご覧いただけます。

その他のSTUDIO吉祥寺のブログ

BLOGS