NUIとは

「NUI(エヌユーアイ、ニューイ、ヌイ)」とは、「Natural User Interface(ナチュラルユーザーインターフェース)」の略です。コンピューターやスマートフォンなど電子機器のユーザーインターフェースのうち、人間が普段行なっているような動作と同じように、自然に動作が可能なものを指します。2007年にタッチスクリーンのiPhoneが発表されたことで広く普及しました。

NUIの特徴

NUIは画面に直接触れることができる、自分の体を動かすことで操作ができる、自然な動作によってコンピューターの操作ができる、五感に訴えかけるフィードバックがあるなど、直接的に対象に指示を出す、直感的に操作ができるという特徴があり、「五感に働きかけるインターフェース」とも呼ばれています。

ユーザーインターフェースの歴史には、コマンドラインで操作ができる「CUI(キャラクターユーザーインターフェース)」、コンピューターグラフィックスを用いて操作ができる「GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)」がありますが、NUIは、現在のユーザーインターフェースのスタイルを表す言葉と言われています。

NUIの例

券売機などのタッチパネル操作、スマートスピーカーをはじめ、家庭用ゲーム機の分野ではWiiのコントローラーなど、ボタン操作をしなくても自分の身体の動きに反応するゲームなどが有名です。そのほかにもKinectなどのモーションセンサーを用いたインタラクティブサイネージなども開発されており、NUIを用いたデバイスなどは続々登場し、活用の場は広がりを見せています。

NUIとVUI

iPhoneなどに搭載されているAppleの「Siri(シリ)」など、普及が高まっているスマートスピーカーなどの音声認識技術がありますが、このような声に反応するものは「VUI(ボイスユーザーインターフェース)」と呼ばれています。VUIはNUIが抱えていた手が疲れる、時間がかかる、などの悩みを解決したものでNUIを実現するもののひとつです。

NUIの今後

現在NUIは社会に浸透していますが、今後NUIに変わるものとして、「OUI(オーガニックユーザーインターフェース)」があります。状況に合わせてインターフェースがいかなる形にも変化でき操作ができるとされています。今後はAIの進化もあり、OUIへ展開していくとされています。

関連ワード