JPEGとは

「JPEG(ジェイペグ・ Joint Photographic Experts Group)」とは、静止画像データの圧縮方式の1つです。拡張子には「.jpg」や「.jpeg」などが付与され、インターネット上ではPNGやGIFと並んでよく使われています。JPEGの名前は規格を制定した「Joint Photographic Experts Group」というISOの中の国際的な組織から由来しており、1992年に規格として定められました。

JPEGの特徴

24ビット(16,77万色)のフルカラーをサポートしており、多くの色を必要とする写真などの表現に向いています。JPEGは最高画質で書き出してもPNGと比べて圧縮率が高く、写真の記録やインターネット上で大きな画像を表示したい時に多く使用されます。写真など輪郭がはっきりとしていない色の変化が多いグラデーション表現などがキレイに再現され、色の変化を滑らかに再現できます。反面、シンプルでくっきりした表現はぼやけ、サイズも大きくなる傾向があります。

JPEGが誕生した背景

写真の様な画像を電子データにして他者と共有をする上で、受け取った人も再生ができる様にするために共通の圧縮方式が必要となり誕生しました。しかし、当時のコンピューターなどのメモリは現在よりも非常に少ないものでした。その上で高い圧縮率を再現してサイズを削減するには「可逆圧縮」では足りず、「非可逆圧縮」という方式がとられました。

JPEGのメリット

JPEGはファイルサイズを大幅に小さくすることが可能で、高い圧縮率を誇ります。「Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)」などの画像加工ソフトでは圧縮率を選択することがきるため、目的によって圧縮率や画質を設定して希望のサイズにすることができます。

JPEGのデメリット

JPEGは非可逆圧縮のため、圧縮後は元の品質には戻すことができなくなります。一度サイズを小さくしたり、元の画像をそのまま上書き保存を繰り返すと徐々に劣化していきます。数回の上書き保存ではそこまで目立ちませんが、画像加工を仕事にしている人は注意が必要です。また、JPEGは圧縮率を高くするほどモスキートノイズやブロックノイズが現れ、劣化しているのが目立ちます。

背景透過に対応していないところも注意点であり、PNGなどとは異なり背景の透過ができないため目的に応じて使い分けが必要です。

関連ワード