プロジェクションマッピングとは

立体物の形状に合わせて3DCG映像や2DCG映像を制作・調整し、建造物などにそれを投影(マッピング)する技術。建物に巨大な生き物が張り付いていたり、建物が変形したりといった、現実ではあり得ないような幻想的な像をリアルに体験することができる。東京駅やディズニーランドのシンデレラ城へのプロジェクションマッピングが有名だが、必ずしも大きな建造物に投影するだけがプロジェクションマッピングではない。小さな箱に投影したり、料理のお皿に投影したり、普通の部屋の壁に投影することもプロジェクションマッピングである。