マットペイントとは

実写のような背景画を描くことである。画面内の一部にペイントした絵を配置し、奥行きのある背景などを表現する。カメラエフェクトの中でつくれなかった背景や舞台を創り出すことができる。映画「Star Wars」のエピソード4、5、6などの時代はCGIによる背景制作が不可能だったため、手描きでリアルな絵を描きオプチカル合成の素材にした。現在は、3DCGを用いたり2DCGを用いて背景画像を生成し、合成用の素材とする場合がほとんどである。

関連ワード