コンセプトアートとは

「コンセプトアート(Concept Art)」とは、映画やゲームなどで主に使用されているプロジェクトのデザインイメージ、アイディアや雰囲気などのビジュアルコンセプトを事前に視覚化し、絵として表現した設計図です。コンセプトデザインや、ビジュアル開発と呼ばれることもあります。

イメージを説明、提案するためのものであり通常のイラストや特定のテイストの描き方を指すものではありません。架空の風景などのシチュエーションの他にも、その中にあるアイテムであるアセットデザイン、プロップデザインもコンセプトアートと呼ばれます。

コンセプトアートの目的と役割

前途の通りコンセプトアートとは、映画やゲーム、またアニメーション、漫画、建築物など作るものの完成系イメージを事前に伝えるためのものですが、コンセプトアートを描く目的と役割は主に2つの種類があります。

1つは、具体的に「キャラクター」「コスチューム」「SFの道具や機器、乗り物」「背景」などを描き、携わるメンバーに伝えることを目的とする場合です。企画書や会議で出来上がった漠然としたイメージからコンセプトアーティストがコンセプトアートを作成することで、他の制作スタッフに視覚的に世界観やイメージの共有ができます。

もう1つは、企画段階の作品をプロデューサーや映画の製作委員会などの出資者に作品の内容を伝えて承認してもらうために描く場合です。こちらの場合は、その物語や作品が伝わるような絵を描くこと、企画書(文字)では伝わらない『ニュアンス』『世界観』『『雰囲気』を描くことが主な目的となります。

コンセプトアートが多く使われるジャンル

コンセプトアートが多く使われるのは、ファンタジーやSF(サイエンス・フィクション)を題材とした制作現場です。1937年の「白雪姫」や、1940年の「ピノキオ」からはじまり、世界中で人気の作品を生み出すディズニーのコンセプトアートは大変有名です。日本では「モンスターハンター」「ドラゴンクエストX」「ファイナルファンタジーXI」など、ゲーム業界が世界に誇る大作などがあります。

また近年ではVR(バーチャル・リアリティ)コンテンツの発展により、ゲームや映画以外でもコンセプトアートを使いプレゼンテーションをすることは普及していくと思われます。

関連ワード