デジタルハリウッド東京本校 ブログ

【東京本校/在校生紹介】
法政大学とのダブルスクールから、
夢は大きくハリウッド映画に携わるアーティストへ!

こんにちは。
デジタルハリウッド東京本校です。

デジタルハリウッドは、クリエイティブ業界への就職を目指せるとともに、学生の方は専門学校・大学とのダブルスクールやご卒業後に再進学にて、ご現在も多くの方々が東京本校で制作に打ち込んでいます。

「ダブルスクールで3DCGを学んでみたいけど、どんな学び方があるのかな?」
「ダブルスクールって大変なのかな?」
「学校との両立はどうしているのかな?」

きっと、疑問にお考えの方が多いのではないでしょうか。
みなさんと同じように思っている方は、実はたくさんいらっしゃいます。
そんなみなさんに向けて、東京本校でダブルスクールにて3DCGを学び、作品作りに打ち込んでいる在校生の声をお届けします。

ぜひ、最後までお読みください。

正木 里桜さん/法政大学 社会学部 メディア社会学科

正木 里桜さん(21歳:入学時20歳)
法政大学 社会学部 メディア社会学科/ 本科CG/VFX専攻

趣味:映画鑑賞、読書、音楽鑑賞
映画は、特にSTAR WARSが大好きです。ほかにもHobbitやロードオブザリング、MARVELも好きです。
今はそこまでですが歴史やダンス、バンドも好きです。でも今一番やっていて楽しいのはCGの制作と勉強です。
アルバイト:接客業

▼3DCGを学びたいと思ったのは『私も誰かに物語の素晴らしさを伝えられる人になりたい。』と思ったから。

Q:正木さんが、3DCGに興味をお持ちになられたきっかけを教えてください。

A:私は小さいころから映画が大好きで、ディズニーやピクサーのアニメーターにずっと憧れていました。本当に根本的な思いは単純で、私たちはフォースも使えなければ魔法も意志を持って話せるおもちゃの友達も作れないけど、それを映像という形で心の中に作ることはできて、それは誰かの心の中に存在することだと思っていて、私がたくさん影響を受けたように、 私も誰かにこの物語の素晴らしさを伝えられる人になりたい。 と思ったのが本当に最初のきっかけで、思い出です。

Industrial Light&Magic デジタルハリウッド卒業生:山田義也氏

▼山田義也氏による 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』メイキングセミナーのご紹介!

Industrial Light&Magicでジェネラリストとして活躍している卒業生:山田義也氏による『ローグワン/スターウォーズストーリー』『STAR WARS –THE LAST JEDI-』のメイキングセミナーの様子を正木さんがレポートしてくださいました!
STAR WARSが大好きな正木さん。憧れの卒業生を前にどんなこと思ったのでしょうか?
こちらもぜひ、ご覧ください。
https://school.dhw.co.jp/school/tokyo/blog/20181107.html

Q:今は大学生とのことですが、大学とデジタルハリウッドとのダブルスクールで3DCGを学ぼうとお考えになられた理由を教えてください。

大学3年生になり就職を今までより意識するようになった時、当初は違う方面への就職を考えていたのですが、自分のやりたいこととしっかり向き合うちに幼いころからどこかで持っていた夢が頭から離れなくなり、『 この夢を今諦めたら絶対後悔するし、何事からも逃げる理由になりそうだ。 と思い、この際ちゃんと向き合ってみることにしようと思ったのがきっかけです。
また、今までは独学で勉強してきたのですが、就職が本格的に始まるまでの約1年間でどこまでできるかを考えたときに、今までの経験から『 誰かに直接教えてもらった方が、効率的だ。 』と思うようになりました。そこから、短期間で講師の方々から直接教えてもらえる環境のあるデジタルハリウッドが、とても魅力的だなと思い入学を決めました。また、24時間校舎を使えることや、基礎から多くのソフトを学べる点も選んだ理由です。

CGクラス3か月課題

▼正木さんの入学後3ヶ月目の課題
入学後、3ヶ月でここまで習得!
大学と東京本校との両立で、制作時間を有効に使うことができましたね。

▼限られた時間をどう使っていくかが重要!ポイントは『すき間時間』

正木さん

Q:ダブルスクールにてご通学とのことですが、大学とのダブルスクールの成功の秘訣はありますか?


A:私の場合は大学は3年生ということもあり、そこまで授業数的には多くないので無事両立できています。しかし3年生と言えど時間は限られているので、 限られた時間をどう使っていくかが重要 だと思っています。私は、学校の授業の合間や、移動時に制作と勉強(復習等)をするように心がけています。
すき間時間って本当に大切だと思います。
また、実際に3DCGをしっかり学ぶようになって、改めて 3DCGの面白さ に気付けたのもダブルスクール成功のポイントです。
自分の思うままの世界観やキャラクターを自分の手で作り出せる点 はやはりとても魅力的ですし、できないことも多いですが、調べたり教えてもらったりするうちにどんどん自分の表現が増えていくのが楽しいなと思っています!
なので、大学の勉強も大変ですが、その分大好きな3DCGの勉強のためにそこも頑張れるみたいな感じです(笑)

▼大きな夢を叶えるために、今の自分にできることから始めよう!

Q:今は、大学3年生ということですが、デジタルハリウッド東京本校を卒業後は、どのような進路をお考えですか?

A:夢は多くのハリウッド映画に携わることなのですが、卒業後は、経済的にも語学的にも海外にすぐには行けないので国内で出来れば 背景モデラー としてCGプロダクションに就職したいです。大学の映像制作(実写)で得た知識なども活かして、映画業界への就職を叶えられればと思っています。
憧れている企業は、大好きなSTAR WARSシリーズを手掛けているIndustrial Light&Magicです!

海外就職を目指すために、まずは国内就職を目指されているんですね。
様々なことを吸収して、ぜひ海外就職の夢をぜひ叶えてください!応援しております!


Q:最後に、これから入学される方や検討されている方へ向けてメッセージをお願いします。

A:大学生で興味があり悩んでいる方がもしいたとして私から言えるのは「 思い立ったが吉日! 」というのにつきます! 悩む時間があるなら、できる限り早く行動して絶対損はないです! 安っぽいメッセージのようですが 本当にCGを勉強して自分の作りたいと思える作品を作れることは、とても楽しいです! デジタルハリウッドは、それを全力で楽しめる場所だと思っているので、迷われている方はぜひスクール説明会に参加するところから検討してみてほしいです!

Butterfly

▼ Butterfly/中間課題作品 (入学6か月)



▼ダブルスクールや再進学から、1年間で映像・CG業界を目指すなら
デジタルハリウッドへ!

▼カウンセラーが、お一人お一人と個別にお話しいたします!

デジタルハリウッド東京本校では、個別のスクール説明会を実施中!


スクール説明会(無料)では「カリキュラム」「業界の最新情報」
「就職情報」「通学方法」など専門カウンセラーが丁寧にご案内致します。

※ご予約の際、ご希望のスクールは『東京本校』をご選択ください。

その他の東京本校のブログ

BLOGS