デジタルハリウッド東京本校 ブログ

【東京本校/在校生紹介】立教大学とのダブルスクールで、
憧れのVFXの制作を手掛けるアーティストへ!

こんにちは。
デジタルハリウッド東京本校です。

デジタルハリウッドは、クリエイティブ業界への就職を目指せるとともに、学生の方は専門学校・大学とのダブルスクールやご卒業後に再進学にて、ご現在も多くの方々が東京本校で制作に打ち込んでいます。

「ダブルスクールで3DCGを学んでみたいけど、どんな学び方があるのかな?」
「ダブルスクールって大変なのかな?」
「学校との両立はどうしているのかな?」

きっと、疑問にお考えの方が多いのではないでしょうか。
みなさんと同じように思っている方は、実はたくさんいらっしゃいます。
そんなみなさんに向けて、東京本校でダブルスクールにて3DCGを学び、作品作りに打ち込んでいる在校生の声をお届けします。

ぜひ、最後までお読みください。

得能 佑介さん(21歳:入学時20歳)
立教大学 現代心理学部 映像身体学科/ 本科CG/VFX専攻

ゼミ:篠崎 誠教授のゼミ
趣味:映像編集、読書
サークル:シネマトグラフ映像技術研究会act3
アルバイト:映画館スタッフ

▼好きなものを極めたいと思ったからデジタルハリウッドへ

Q:得能さんが、3DCGに興味をお持ちになられたきっかけを教えてください。

A:僕は、映画を観ることが好きなんです。なので、3DCGに興味を持ったきっかけも、幼い頃から映画など映像作品を観る機会が多かったからですね。
中でも、ハリウッド映画のDVDなどの最後についている、ブレイクダウン映像(メイキング映像)を観て、こんな風に作品が作られていくのかと知ることができたので、そこから自分でも映像作品を手掛けるアーティストになりたいなと思うようになりました。
また、僕はスティーヴン・スピルバーグ監督の作品が好きで、壮大な中でも細部にもしっかりこだわった作風に影響を受けています。

Q:今は大学生とのことですが、大学とデジタルハリウッドとのダブルスクールで3DCGを学ぼうとお考えになられた理由を教えてください。

A:僕は、立教大学 現代心理学部 映像身体学科に通っているのですが、そこでも映像についての勉強をしています。ゼミでは、映像系のゼミに所属していて、映画や映像作品についての様々なことを学んでいます。映像の撮り方なども勉強していますが、そこでは3DCGについての勉強は含まれていないんです。
僕は、映画が好きなのですが、中でも実写合成(VFX:※1)作品が好きで、実写とCGの合成をもっと勉強したいと思うようになりました。
どうしたら、それが叶えられるかを考えた時に、サークルの先輩がデジタルハリウッドと大学のダブルスクールをしていて、デジタルハリウッドでVFXについて学ぶことができるよと教えてもらったんです。
先輩の作品を見せてもらったのですが、クオリティが高くてすごいなと思いました。
大学卒業後は学んだ技術を活かして、憧れのVFX関係の仕事を手掛けたいと思っているので、好きなものを極めるのは今しかないと思って、ダブルスクールで3DCGを学ぼうと決意しました。
また、デジタルハリウッドを選んだのは、先輩から授業のことなどを聞いていたのと、1年間で本格的にVFXを学ぶことができるからです。

※1 VFX:Visual Effects(視覚効果)の略。撮影だけでは表現できない3DCGなどを使った映像効果。特に映画業界で「VFXアーティスト」としての職種が確立されており、近年はドラマやドキュメント番組でも多用されている。
続きは、CG用語辞典へ

▼忙しいからこそ、すきま時間を有効に使う

Q:サークルの先輩の助言もあってのダブルスクールとのことですが、大学との両立は大変ではないですか?

A:そうですね。もちろん大変なこともあります。
平日は、大学があるので大学に行っていて、水曜日の夜と土曜日は、デジタルハリウッド東京本校で授業を受けています。
アルバイトもしているのですが、1つのアルバイトを今まで続けていたことがなかったので、3DCGと同じように1つのものを続けてみたいと思って、好きな映画関連で、週2日平日に映画館スタッフのアルバイトをしています。
また、休日は個人撮影に出かけたりもしています。一眼レフで風景の写真を撮ったり、映像を撮影したりと積極的に活動しています。
自分でも本当に色々なことをやっているなと思うのですが、それだけやりたいことがたくさんあるので、忙しい中でも自分ですきま時間を見つけて、楽しみながら物事に取り組んでいます。
忙しいからこそ、すきま時間を有効に使う。本当に大事だなと思っています。
また、ダブルスクールの成功の秘訣は、大学とデジタルハリウッドの授業が被らないようにすることはもちろんですが、どちらかに偏りすぎないことも僕は大切だと思っています。
感覚的な話になってしまいますが、疲れすぎないように適度にがんばるって感じです(笑)
なので、僕は息抜きに戦略とかを考えるゲームとかシューティングゲームをやって、リフレッシュしています。

▼3DCGは簡単ではない。だからこそ、たくさんのことを勉強したい。

Q:今は、大学3年生ということですが、デジタルハリウッド東京本校を卒業後は、どのような進路をお考えですか?

A:デジタルハリウッド東京本校を卒業した後は、ちょうど大学4年生なので、就職活動と並行して、ゼミの卒業制作に打ち込む予定です。
企画を考えているところですが、デジタルハリウッドで学んだことと大学で学んだことを掛け合わせて、映画を1本撮ろうと考えています。時間は大体1~2時間くらいを予定しています。
大学卒業までの期間も有効に使って、積極的に活動していきたいです。


就職活動に間に合うように、ダブルスクールで勉強されていたということですね。
デジタルハリウッドでの卒業制作も就職活動にぜひ、活かしてください!


Q:最後に、これから入学される方や検討されている方へ向けてメッセージをお願いします。

A:ダブルスクールの良いところは、大学・デジタルハリウッドの両方で勉強ができることだと僕は考えています。
僕が大学で学んでいる分野は、3DCGの世界でも共通していることが多いので、両方で活かせることが互いにあるんです。
僕には、VFXを手掛けるアーティストになるという夢があるので、それを叶えるためにできることは何でもやりたいと思っています。
そのためには、技術も磨きたいし知識も増やしたい。それを叶えてくれたのが、ダブルスクールでした。
また、3DCGは簡単ではありません。ですが、やる気、熱量、向上心があれば、良い作品を作ることができると僕は考えています。なので、日々色々ところに目を向けて情報収集したり、先生に質問したりして、たくさんのことを学べるように努力しています。
大変なこともあるとは思いますが、向上心を忘れずに学びや作品作りを続けて欲しいなと思います。


LAST ESCAPE/中間課題作品 (入学6か月)

▼ダブルスクールや再進学から、1年間で映像・CG業界を目指すなら
デジタルハリウッドへ!

▼カウンセラーが、お一人お一人と個別にお話しいたします!

デジタルハリウッド東京本校では、個別のスクール説明会を実施中!


スクール説明会(無料)では「カリキュラム」「業界の最新情報」
「就職情報」「通学方法」など専門カウンセラーが丁寧にご案内致します。

※ご予約の際、ご希望のスクールは『東京本校』をご選択ください。

その他の東京本校のブログ

BLOGS