デジタルハリウッドSTUDIO松山 ブログ

『書く習慣』の著者 いしかわゆきさんから応援メッセージが届きました!!

2022-04-22

皆さんこんにちは!

『書く習慣』著者であり、昨年10月にデジハリ千葉主催のイベントにも登壇いただいた、デジハリ卒業生でもあるライターのいしかわゆきさんに、STUDIO松山に入学される皆さんへメッセージをいただきました!

こちらの書籍をどんな思いで書き、入学したみなさんにどんな風に活用してほしいか、お話しいただきました。

著者紹介

いしかわゆき(ゆぴ)さん
フリーライター。
デジタルハリウッドSTUDIO卒業生(超実践プラン2020年6月生)
早稲田大学文化構想学部 文芸ジャーナリズム論系卒

未経験からWebメディア・新R25編集部を経て2019年にライターとして独立。
現在は取材やコラムを中心に執筆するかたわら、声優やグラフィックレコーダーとしても活動している。
著書に『書く習慣〜自分と人生が変わるいちばん大切な文章力〜』。
生きづらい世界をいい感じに泳ぐために日々発信をつづける。

▶Twitterアカウント:@milkprincess17

『書く習慣』は、不思議と書きたい気持ちになる本

皆さんこんにちは、ライターのいしかわゆきです。
私は普段、取材や執筆を中心にライターのお仕事をしていますが、元々はデジハリ生でもあります!

私が出版した「書く習慣」は、文章術ではなく、これまで書かれてこなかった「書くときのマインド」や「そもそも何から始めていけばいいのか」という点に特化して書かれている本です。


私は、書くときは「技術」よりも「書くのが好き」という思いがすごく大事だなぁと思っています。
この本では、そんな皆さんが書くときに思うモヤモヤを解消できるようなTipsや、実際に習慣化していくにはどうすればいいのか?最終的には読まれるためにはどうすればいいのか?まで踏み込んで説明している本です。

ありがたいことに「普段本は読まないけど、この本は2時間で読めました」という声をたくさんいただいています!私自身、本を書くときは「わかりやすい言葉」で「中学生でもわかるような」簡単な語彙で書くことを意識して書いていたので、誰にでも読んでいただけます。「友達に語りかけられているみたい」というお声もいただくので、普段本を読まない人にもぜひお手に取っていただきたいです!

他にも「読んだ瞬間から書きたい気持ちがおさまらなくなった」「今まさに本を読んでいる途中だけど、やめて書いています」というくらい「不思議と書きたくなる本」とも言われているようです!

本を発売して半年、この本をきっかけにして書かれたnoteが今3,000本以上になっています!皆さんも、もしよかったらこの本を手に取ってみてください。書くのが苦手でも、書けるようになるかもしれません。

発信が仕事に繋がるから、デジハリ生にもぜひ活用してほしい!

皆さんは今Webデザインや動画編集などの最低限必要なスキルを学ばれているところだと思いますが、クリエイターこそ発信を頑張ってほしい!と思っています。


今の時代、スキルだけで選ばれるわけではなくて、その人自身が大切にしている価値観やその人柄を見て「この人にお願いしたい!」と思ってもらえてこそ、お仕事に繋がると思っています。

ぜひ、スキルを磨くのと並行して「自分はこんなデザインが好き」「こんな想いを持ってデザインをしている」を書いて発信して行くと、お仕事の幅もぐんと広がると思います。

ぜひ「書く習慣」を読んで「自分にも書けるんだ」という気持ちで、書いて→発信して→お仕事に繋げていってほしいなと思います!

Webデザインを学んだことがライターとしても活かされている

デジハリに通ったことで、いしかわゆきさん自身が執筆した記事のサムネイル画像を修正依頼をする際、「ここは可読性が低いのでこうしてください」「ここは●pt大きくしてください」「このマージンは揃えてください」というように言葉でディレクションができるデザイン視点が養われたそうです。
勉強していないとわからないし伝わらないので「デザイナーさんとの共通言語を身につけられたことは大きい」と話してくださいました。

◇◆STUDIO松山に入学したみなさんへ◆◇

デジハリでは「仲間を作る」「先生とめちゃくちゃ仲良くなる」この2つを意識してほしいです!
私がデジハリに入った当時は、コロナ禍によってオンラインでの学びに移行したタイミングでした。でも私はオンラインで友達を作る方法がわからず、仲間と一緒にもくもく会したり、一緒に高めあうことができず、当時もの凄く反省しました。

デザインは今、独学でも学べるかもしれませんが、仲間と切磋琢磨したり、先生に生で聞くことができる環境や、つながりが生まれるのはデジハリならではの強みです!

デザインの引き出しを増やすことが一番の勉強法

実際に自分の経験から言えることは、基本的なデザインの知識を学んだら、あとは「日頃のインプットとアウトプットが全て」だと思いました。いかに自分のデザインの引き出しを増やせるかに尽きます。
例えば、レストランのメニューを見て「このメニュー微妙だなぁ、どこを直したらいいんだろう」と考えたり「この看板いいなぁ、どこがいいと思ったんだろう」と引き出しを増やしていくことが1番の勉強法だと気づきました。

書く習慣でも「日常の解像度を高める」ために、毎日の出来事を書いてみようと伝えているので、ぜひ意識して頑張ってみて欲しいです!

あと、実際に私がデジハリで勉強中に大変だったことや「こうした方がいいよ」ということをnoteにまとめているので、ぜひ参考にして見てください!頑張ってください~!

◇◆インタビュー動画もご覧ください!◆◇

「超実践型スキル」 × 「安心の就職・転職サポート」 でクリエイターデビューしませんか?

未経験からWebデザイナー、UIデザイナー、アートディレクターへの就職・転職を 目指す20~30代専用のプランです。

このようなお悩みで迷っているそこのあなた!


・未経験だけどwebデザイナーの実際の仕事ってどんなことやるの?

・紙とWebのデザインの両方のスキルを身につけたい!!

・デジハリに通いながら、実務経験を積むことができる?

・web業界への転職って難しそう・・・


「超実践型スキル」 × 「安心の就職・転職サポート」 でクリエイターデビューしませんか?


STUDIOでは毎日見学&説明会を開催しています(要予約)

『毎日をもっと楽しくしたい』『自分にしかできないことを見つけたい』『クリエイティブなスキルを磨きたい』

デジタルハリウッドSTUDIO松山では、皆様の人生を変えるサポートをしております。

個別カウンセリングでは、あなたの経験や将来の展望に合わせて、今後のアクションについてアドバイスさせて頂きます。

お話を聞くだけでもOK!ぜひお気軽に個別カウンセリングへお申し込みくださいませ。
(オンライン説明会も実施中!)



SNSで最新情報をチェック!

各種SNSにて、STUDIOの日常やイベント情報を発信しています。

ぜひお気軽には、ぜひ覗いてみてください:)


Facebook
https://www.facebook.com/dhwschiba/

Twitter
https://twitter.com/dhws_sakurainc/

Instagram
https://www.instagram.com/dhw.studio.chiba_matsuyama/

その他のSTUDIO松山のブログ

BLOGS