デジタルハリウッドSTUDIO吉祥寺 ブログ

【授業見学】噂のゲームエフェクトパックを覗き見!

2022-07-05

こんにちは。

デジタルハリウッドSTUDIO吉祥寺のスタッフ佐々木です。


茹だるように暑い日が目立ち始め、夏の気配を感じるようになりましたね。

日本の夏は湿気がひどく、実際の気温よりも暑く感じてしまうのだとか。


やっぱり夏は、家でゲームに限ります!

最近のゲームは攻撃や防御、魔法のエフェクトが綺麗でかっこよくて、

ゲームの世界に没入し過ぎてしまい、気が付けば休みが終わっていた。なんてこともしばしば......


今回はそんなゲームに必須なエフェクトを制作するデジタルハリウッドのコース

「ゲームエフェクトパックを覗いてみましょう!



ゲームエフェクトとは?

ゲーム内で使われるエフェクトのことを ゲームエフェクト と呼びます!

攻撃をする時、防御した時、魔法を使用した時などによく使用されていますね。

キャラクターの動きや技のアクションを引き立て、プレイヤーがゲームの世界に没入するための重要な役割を果たしています。


特に魔法は分かりやすいですね。激しく燃える炎だったり、白い冷気を纏った氷だったり、かっこいい魔法陣だったりと、ゲーム好きなら一度は見たことがあるのではないでしょうか?

ゲームエフェクトは誰が作ってるの?

皆さんは、ゲームエフェクトは誰がどのように制作しているか知っていますか?

キャラクターを作るモデラーでもなく、キャラクターを動かすアニメーターでもない......

実はエフェクト制作専門のクリエイターがいるのです。

エフェクトデザイナー と呼ばれる彼らはエフェクトの制作に時間と労力を費やし、プレイヤーをドキドキさせる大迫力で美しいゲームエフェクトを制作しているのです。

私たちがゲームの世界に没入出来ているのは、世界観との違和感を感じさせないエフェクトを作っているエフェクトデザイナーのおかげと言っても過言ではないのです。

デジタルハリウッドで学ぶゲームエフェクト

デジタルハリウッドのゲームエフェクトが学べるコース。

その名前を 「CGGYM ゲームエフェクトパック」 と言います。


それではゲームエフェクトパックの中身を見ていきましょう!

月に一度の講評会でしっかり課題を洗い出せる!

ゲームエフェクトパックは受講期間4ヵ月の間に授業が4回あり、

毎月の授業の時に 現役エフェクトデザイナー の講師から自分の作品に対するフィードバックをもらうことが出来ます!


ではここで、受講生の学習の仕方。


課題提出

講師からのフィードバック

ブラッシュアップ


この流れを分かりやすくビフォーアフターとしてお見せいたします!!

この方の作品は魔法の定番 

ファイアーボール!


まずは手に力を集めて......


......放つ!



かっこいいですね。

ファイアーボールは標的である白い立方体にまっすぐぶつかり、ダメージを与えています!

スピード感もあり、かなりかっこいい仕上がりだと思うのですが......

講師の方からのフィードバックを確認してみましょう。




おぉ!! イラストでフィードバックをもらえるんですね!


イラストだと口頭でのフィードバックより直感的で分かりやすいですね。

このフィードバックによると「ファイアーボールはシンプルになりやすいので見どころを作ってあげるといい」とのことです。


言われてみれば技自体は火球を投げるシンプルなアクションになりやすいのかもしれません!

見どころを作ってあげるのは確かに迫力あるエフェクトに大事なポイントですね。


では、このフィードバックを受けて受講生の作品がどう変わったのかを見てみましょう!!


こちらです!

おおぉお!!

これは、すごい迫力です!

先ほどとは全く別物です。こんな魔法を目の前で発動されたら絶望ですね。


そして力を集めて......

放つ!!!

......え?


つ、強すぎる!!

もはや見えていませんが、標的の立方体は跡形もないでしょうね。


フィードバックをしっかりと受けて、ブラッシュアップしています。

しっかりと魔法の見どころを作りつつ、背景を暗くしてファイアーボールに迫力をプラス!


フィードバックを受ける前と後では、別物かと思ってしまうほどにレベルアップしています。

こんなに変わるものなのですね!

スキルが身に着く学習サイクル

このように提出した課題にフィードバックをもらいながら、月に一度行われる授業でブラッシュアップした作品を発表し、次の課題へと進んでいきます。



課題提出

講師からのフィードバック

ブラッシュアップ


この一連の流れ全てが スキルが身に着くためのステップとなるのです!

もちろん、発表を見てフィードバックをしてくれる講師の方々は ゲームエフェクト業界で活躍する現役プロ!

フィードバックも超実践的です。

フィードバックを受け取り、修正しながら自身と作品のレベルを上げていく。

こうやって望むエフェクトに近づけているんですね。

教えてくれるのは現役エフェクトアーティスト

授業およびフィードバックを担当してくれるのは現役のエフェクトアーティスト!

担任の先生はこの方!

邑上貴洋氏 

株式会社アプリボット

シニアエフェクトアーティスト


Webクリエーターとしてキャリアをスタートし、webディレクター、FlashDeveloperとして映像系Web制作会社に従事。2013年サイバーエージェントグループの株式会社アプリボットに転職し、2Dアニメーションチームリーダーを務める。2015年、3Dのプロジェクトが立ち上がり、3Dエフェクト制作を開始、「BLADE XLORD―ブレイドエクスロード―」や、新規開発プロジェクトのエフェクト仕様策定からテイスト制作に携わっている。


2017年から東京デザインテクノロジーセンター専門学校にてゲームエフェクト講師にも従事。

Twitter:@Ugokashiya

まとめ

さて、今回ご紹介したゲームエフェクトパックはどうだったでしょうか?

子供のころに憧れ、大人になった今でも焦がれるファンタジー世界。

そのエフェクトを自らの手で作り上げることが出来る!


どうですか? 心躍りますよね!


今回ご紹介した受講生のビフォーアフターは、他にも受講生の数だけあります。

そして残念ながら動画でのお届けは出来なかったのですが、気になる方はぜひ説明会までお越しください!


熱い炎魔法......身も凍えるような氷魔法......はたまた剣に纏わせた光の魔法!


望むエフェクトを作り上げ、自在に操ることが出来る。そんな魔法使いのようなエフェクトデザイナーにあなたもなってみませんか?

もっとSTUDIO吉祥寺を知りたい方へおすすめ!

夜のSTUDIO吉祥寺を覗いてみる

動画で校舎を覗いてみよう

自分らしい人生を、自分らしい働き方で実現する。

▼ご入学をご検討の方はまずはスクール説明会へ!

担当のスタッフがみなさんの疑問に1対1でお答えする『スクール説明会(無料)』を実施しております。
学校・コース/カリキュラムの詳細をお伝えさせていただくことはもちろんのこと、ご通学に関してやご受講料のお手続きについてのご相談も承ります。

みなさまからのご予約をお待ちしております。
※連日みなさまからのご予約を多数いただいており、ご予約が取りずらい状況となっております。
 ご予約は、ご希望日まで余裕をもってお手続きいただきますようお願いいたします。


その他のSTUDIO吉祥寺のブログ

BLOGS