コーダー

お仕事内容・主な業務

コーダーの主な仕事内容は、Webデザイナーから伝えられた原案やクライアントが提案している完成イメージに沿ってWebサイトの制作、構築をすることです。WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用したWebサイト制作を手掛けることがあるため、PHPなどのプログラミング言語を使う場合もあります。コーダー(マークアップ・エンジニア)になるには、無資格で飛び込むことのできる業界ではありますが、プログラミング言語に関する知識やデザイン系ソフトに関する知識は必要不可欠です。 具体的には、HTML・CSS・JavaScriptなどを使って依頼通りにコーディングをしていくのがコーダーの仕事です。ユーザーが閲覧するブラウザや端末によってコーディングしたデザインや機能に不具合が生じることがあるので、その確認や修正対応なども行い、クライアントやデザイナーの趣旨を汲み取って作業を進める必要があります。 よく、コーダーとプログラマーの仕事の違いを聞かれることがありますが、コーダーとプログラマーは扱う言語と担当する領域に違いがあります。

日々私たちが、目の前にしているパソコンやスマートフォン上での表示を「フロントエンド」と呼びます。このフロントエンド側の仕様を担当するのが主にコーダーのお仕事です。

対してプログラマーは「バックエンド」とよばれる、サーバーで動くプログラムを構築します。プログラマーがバックエンドで使用する言語はJava・PHP・C言語などが挙げられます。

こんな人にむいている

コーダーに向いている人は、一言でいうと コードに対してネガティブな意識のない人です。自分の持っている知識とスクリプト言語を駆使して、ディレクターやデザイナーからの要件にたいして正確に体現するためのイメージ力も必要です。実際に作業に入ると、細かい作業や確認とデバックが何度も必要になります。高い集中力を持ち、細かい作業が得意な人が向いているでしょう。

また、Webデザイナーや依頼者の求めている趣旨をしっかり理解できる、把握力や理解力は重要になります。情報を整理し、ロジカルに伝えることができる人も業界では重宝されます。相手の求めているものを把握するには、十分な情報を得ることが必要なため、コミュニケーション能力が高い人にも向いている職業です。

必要なスキル

コーダーになるために必要なスキルは、上でも述べたように、コーディング(HTML, CSS, JavaScript) の制作スキルと、Webに関する全般知識です。またWordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用したWebサイト制作を手掛ける場合、PHPなどのプログラミング言語知識が必要となることもあります。

実はこれらのすべてのスキルは、デジタルハリウッドの専科Webデザイナー専攻、本科UI/UXD専攻で学ぶことができます。 ソフトウェアのスキル習得は、Illustrator・Photoshop・Dreamweaver 、 を使い、HTML5・CSS3・JavaScript・jQueryの言語を学習します。