映像ディレクター

映像制作の仕事の中で、主に作品の企画や構成を考えたり、制作現場へのディレクションを行ったりといった役割を担うのが映像ディレクターという職種です。ここでは、映像ディレクターの具体的な仕事内容や必要とされるスキル、収入や将来性について紹介します。

映像ディレクターとは

映像ディレクターは、映像の制作現場において、企画や構成の立案、撮影、編集まで、全ての工程に携わります。クライアントへのヒアリングを元に立てた企画に沿って、カメラマンや映像編集者などのクリエイターに指示を出し、制作進行を取り仕切る役割を担っています。同時に、映像作品のクオリティの責任を負う重要な立場でもあります。

近年では映像ディレクターとクリエイターの垣根が無くなってきており、案件の規模などによっては映像ディレクター自身で撮影や編集の作業を行うこともあります。

映像ディレクターの仕事内容は

映像ディレクターの仕事は、主に、作品の企画からはじまり、構成・シナリオの作成、撮影、編集という流れで進められます。作業のやり直しや、納期への遅れが生じないよう、クライアントやクリエイターなど、多くの人とコミュニケーションを取りながら作品を作り上げていきます。


企画・スケジュール

作品を制作するにあたり、その目的やコンセプト、ターゲット等を決める企画の工程はとても重要です。見た目が優れた映像を作っても、企画の内容が明確でないと、効果が乏しい作品になってしまいます。ここでは、プロジェクト全体を俯瞰してとらえ、ニーズに対して最適な企画を立案できる能力が求められます。企画が固まったら、どこにどれだけの時間や費用を要するのかを割り出し、全体のスケジュールや予算を組みます。


構成・シナリオの作成

映像の目的に合わせ、映像の長さや、組み合わせの流れといった構成を決めます。全体の時間から、1シーンごとに使用できる時間を決め、それぞれのパートに盛り込みたい内容を考えます。この内容に応じて、シナリオを作成します。どのような作品にしたいのか、絵コンテなどを作成してイメージを具体化し、関係者間で共有することで、スムーズに撮影に入ることができます。


撮影

準備が整ったら撮影をスタートします。映像ディレクターは、仕上がりのイメージを元に、クリエイターへ撮影の構図やカメラアングルなどについて指示を出します。スケジュール通り、スムーズに撮影を行うためには、映像ディレクターの判断力が欠かせません。時には、映像ディレクターが自らカメラを回すこともあります。


編集

各シーンの撮影が完了したら、撮影した映像をまとめて一つの映像に仕上げる編集作業に進みます。まずは、撮影した映像に必要な内容やカットが含まれているかどうか、クオリティを確認します。その後、字幕やテロップ、音楽や効果などを入れ、全体の流れを見ながら編集を行います。編集した映像をクライアントにチェックしてもらい、フィードバックを元に修正します。状況によっては映像ディレクター自ら、修正を行うこともあります。

映像ディレクターが持っておきたいスキル

映像ディレクターに求められるスキルは、制作指揮を取っていく上で重要なマネジメント能力と作品の企画を立案するための、発想力、構成力です。

また、現場にいるクリエイターに的確な指示を出すために、映像制作に関する幅広い知識や技術も求められます。映像ディレクター自身ができることが増えると、活躍の幅も広がるでしょう。代表的な映像編集ソフトは、Adobe社のAfter EffectsやPremire Proなどがあります。無料のものでも、Apple社が提供しているiMovieや、DaVinci Resolveといったものがあります。まずは無料のソフトからはじめてみて、慣れてきたら、有料や上級者向けのソフトに挑戦してみても良いでしょう。

映像ディレクターの収入

映像ディレクターの平均年収は、およそ300〜400万円が相場と言われています。所属する企業によってはより高収入を得られる場合もあります。また、経験を積んでスキルを伸ばすことで、より高い収入につなげることも期待できます。

また、フリーランスの場合は実績やスキルによって大きく異なります。あまり経験がなくても、動画サイトやSNSなどで何百万回も再生されるようなヒット作品があれば、単価の高い案件を獲得できる可能性もあるでしょう。

映像ディレクターの将来性

以前は、映像コンテンツのニーズはテレビや映画が中心でした。しかし、インターネットやスマホの普及に伴い、映像ディレクターの活躍できる機会は今後さらに増えていくことが予想されます。一方で、市販のカメラや編集ソフトの機能も向上し、一般の人でも気軽に映像作品を作れるようになった今、求められるレベルも高くなってきています。単に作品を作るのではなく、クライアントの意図を正確に汲み取り、効果的な提案をした上で、良質な作品を提供できるような人材が、求め続けられるでしょう。そのためにも、知識と実践的な技術を磨き続け、自身の差別化を図ることが重要です。

まとめ

映像のニーズが多様化する中で、映像ディレクターが活躍できるフィールドも増えてきています。

関係者と意思疎通を取りながら、映像制作の上工程から下工程まで一貫して携わる映像ディレクターの仕事は決して楽ではありません。一方で、自分のアイディアが作品として形になり、クライアントやユーザーから大きな反響を得られることはこの職業の醍醐味と言えるでしょう。

その他のお仕事