モーショングラフィックスデザイナー

モーショングラフィックスとは、その名前が示すように、グラフィックスにモーション(動き)を組み合わせた動画です。聞き慣れない言葉かもしれませんが、テレビ番組のオープニングやCM、電車や飛行機の案内画面など、実はわたしたちの身近なところでもよく使われています。ここでは、そのモーショングラフィックスを作るモーショングラフィックスデザイナーの仕事について紹介します。

モーショングラフィックスデザイナーとは

ロゴやイラスト、テキストや図形などの静止画に動きや音を加えて、作品に命を吹き込むのが、モーショングラフィックスデザイナーの仕事です。

モーショングラフィックスは、静止画では伝わりにくいメッセージを視聴者に届けることが可能で、その視覚情報のわかりやすさが最大のメリットと言えます。

オンラインでの動画コンテンツの増加に伴い、モーショングラフィックスデザイナーは、さまざまなデジタルプラットフォームにおける映像作品に携わることができます。

モーショングラフィックスデザイナーの仕事内容

テレビやCM、Web広告、街頭の広告、イベント映像、プロジェクションマッピングなど、さまざまな映像の制作現場にて、動画の作成・編集を行います。

まずは、ディレクターから提示された動画のコンセプトに沿って、作品に必要なグラフィック要素をデザインします。その後、デザインにアニメーションを加え、編集するという流れで制作が進められます。作品のイメージや演出のために、動画に音を付けることも多いです。有料や無料の音源素材を利用したり、自作することもありますが、場合によっては専門のクリエイターに依頼して作ってもらうこともあります。

モーショングラフィックスは、グラフィック素材を使用した動画なので、実写動画とは違い、撮影関連のキャスティングが不要です。そのため、人件費や製作費を抑えられるというメリットもあります。

モーショングラフィックスデザイナーに必要なスキル

モーショングラフィックスデザイナーには、アニメーションや動画編集のスキルの他に、タイポグラフィやカラーといったデザインに関する知識も求められます。


専用ソフトの使用スキル

モーショングラフィックスを制作する際に使用する代表的なソフトはAdobe社のAfter Effectsです。また、After Effectsと連携できるCINEMA 4Dといった3DCGソフトなども使用できると、尚良いでしょう。

他にもテキストやイラストなどのグラフィック素材を作成するために、PhotoshopやIllustratorなども使用します。

モーショングラフィックスはこれらのソフトを高度なレベルで使いこなす必要があるため、表現の幅を増やすためにも、専門的にしっかり学ぶことをおすすめします。


タイポグラフィやカラーセオリーの理解

タイポグラフィとは、視認性を考慮した文字の配置、および文字自体をデザイン要素として用いる手法です。わかりやすく効果的に文字を動かすには、基本的なタイポグラフィへの理解が必要です。

カラーセオリーは、特定の色相や彩度、明るさなどが与えるイメージや感情があるという定説です。あえてセオリーから逸脱する手法が取られることもありますが、まずはセオリーをしっかり理解しておくことが重要です。

モーショングラフィックスデザイナーの収入

経験の浅いうちは、300万円台からスタートすることが多いですが、スキルや経験を積むことで、700〜1000万円超という報酬を得ることが可能になるでしょう。報酬が高くなるということは、それだけ単価の高い大きなプロジェクトに携わる機会が増えるとも言えます。そのため、制作スキルを伸ばすことはもちろん、ロジカルに制作物について説明できるようなスキル、新しいプロセスや環境の変化に柔軟に対応できる力も必要になるでしょう。

モーショングラフィックスデザイナーの将来性

映像コンテンツの市場規模は今後も成長が続くことが予想されています。特に、モーショングラフィックスは、実写では実現することが難しい映像も表現することが可能なため、さまざまな用途で活用されることが期待できるでしょう。

需要の高いモーショングラフィックスデザイナーになるためには、トレンドにアンテナを張りつつ、技術力を磨くことで、表現の引き出しを増やし続けていくことが重要です。

まとめ

モーショングラフィックスは、視聴者に情報を分かりやすく、魅力的に伝える有効な手段です。

映像コンテンツが増える中で、他のクリエイターと差をつけたい、グラフィックデザインのスキルを応用したいという方にとって、モーショングラフィックスデザイナーは理想的な選択肢の一つと言えるでしょう。

その他のお仕事