Webデザイン関連

海外就職をしたWebデザイナーはどんなお仕事をしているの?海外就職のトレンドとは?

日本でのWebデザイナーの収入は決して高いとはいえません。例えば転職情報サイトDODAの調べによると、2017年のWebデザイナーの平均年収は360万円です。全体の平均年収は418万円ですから、それより58万円も低い数字になっています。これに対して海外のWebデザイナーの年収は総じて日本よりも高い傾向にあることから、日本で技術を磨き、海外で就職をねらう方も多いのではないでしょうか。

ただしここで注意しなければいけないのは、Webデザイナーといっても国によって仕事内容や求められるものが異なる点です。例えば日本では、ケースバイケースではありますが、デザインと簡単なコーディングだけしかできなくても、Webデザイナーとして仕事をすることは可能です。しかし海外、特に日本よりもデザイナーの平均年収が高い国では、デザインだけではなく、プログラミング、SEO、アクセス解析など、Web全般の専門性が問われる傾向が高くなっています。つまりデザインに関するスキルだけを磨いたからといって、必ずしも日本より高収入になるかといえばそうではありません。むしろ、デザインしかできないということで採用さえしてもらえない場合もあります。国にもよりますが、海外で働こうと思ったら、Web全般のことをやらなければならないという意識を持つことが重要です。

さらに海外では未経験の社員に対して、会社でスキルを教えることは基本的にほとんどありません。そのため、ある程度のスキルがなければ、採用される可能性も限りなく低くなるでしょう。 また国によってそれぞれの文化や商習慣、仕事に対する考え方にも大きな違いがあります。例えば労働時間に対する生産性は海外のほうが高く、日本のような長時間労働を行う国は少なく、原則、残業が禁止されていることも珍しくありません。そのため、限られた時間の中で集中して仕事を行う能力も求められるようになります。

海外就職ってどんな人が向いているの?

・情報を整理するのが得意な人
・ファッションやデザインが好きな人
・英語コミュニケーション能力の高い人
・ものづくりが好きな人
・流行などに敏感な人
・好奇心旺盛な人
・文化の違いを受け入れられる人・場所に捉われない働き方に興味がある人

海外でWebデザイナーになるには

日本で実務経験を積んでチャレンジする場合、まずは自分が就職したい国、地域でどういった求人があるのかを常にチェックするようにします。それにより、どういったスキルが求められているのか、自分が身につけなければならないスキルは何であるのかがわかります。 海外で就職する場合、現地のローカル企業と現地の日本人が経営する日系企業、日本企業の現地法人など形態は様々です。海外で働く以上、英語(現地の公用語)を習得していることは必須ですが、日系企業や日本企業の現地法人であれば、基本的にそれほど高い英語力を求められることもありません。そこで英語力に自信がない場合は、そうした企業をねらうのもおすすめです。日系や日本企業であっても、海外で実務経験を積むことには変わりませんので、そこで英語を勉強すれば、その後、現地のローカル企業に就職する際にも有利になります。

もう1つの方法であるインターンからの就職ですが、この場合まずは海外の専門学校に通うことをおすすめします。インターンであっても、コネも実務経験もなければ、やはり採用されることはありません。 学校へ通うための費用はかかりますが、現地で必要とされるスキルが得られ、英語の勉強にもなり、学校によっては就職を斡旋してくれますので、一石三鳥です。まずはインターンで働き、実務経験を積んで就職するのも海外就職ではおすすめの方法です。 就活で必要なものは英語のポートフォリオ、レジュメ(履歴書)とカバーレターです。ポートフォリオに関してはPDFだけではなく、ネットにアップしておくほうがよいでしょう。

また海外で働くうえで必須のビザですが、国によって取得方法や条件、期間が変わってきますので、事前に調べておきましょう。ちなみにワーキングホリデービザを使えば、国にもよりますが、最長で2年間、雇用主のサポートがなくても就労することができます(年齢制限あり)。そこで条件が合うのであれば、ワーキングホリデービザでしばらく働いてみたうえで、続けていけそうであれば、雇用主に就労ビザの取得サポートをお願いするようにしてみてはいかがでしょう。 海外で働きたい場合は、その国の文化や商習慣はもちろん、仕事に対する意識、考え方も日本と同じではないことを理解し、それに合わせていくことが重要です。