Webデザイン関連

企業内インハウスデザイナーとはどんな働き方なのか・どんな仕事をするのか

インハウスデザイナーとは、一般の企業に勤め、その企業のあらゆる商品、サービスのデザインに携わります。そのなかでもインハウスWebデザイナーは、自社サイトやアプリなどのデザイン構築、改善、運用が主な業務になります。 Web制作会社で働くWebデザイナーは、自社のWebサイトに関わることももちろんありますが、基本的には外部の企業や個人からの依頼によって初めて仕事が発生します。同じWebデザイナーという職種であっても、Web制作会社とインハウスでは、このような違いがあります。

企業がインハウスのWebデザイナーを採用する一番の理由は、企業経営においてWebの重要性が増していることにあります。新たな商品、サービスを発売する際はもちろん、トラブルが起きた際にいち早く対応しなければなりません。その都度、外部のWeb制作会社に依頼していては、対応が後手に回ることになってしまい、企業にとって大きな損失です。 しかし、インハウスのWebデザイナーがいれば、すぐに対応できるため、タイムラグが生まれません。特にトラブルが起きた際は、素早い対応をすることで逆に信頼を得ることも可能です。日常的なネット利用が当たり前になった今、企業ブランドを守るうえでもインハウスのWebデザイナーの重要性はより高まっているといえるでしょう。 インハウスWebデザイナーの仕事は、前述したように自社サイトやアプリなどのデザイン構築、改善、運用ですが、それ以外にも企業規模によっては、SNSでの発信、オンラインマーケット、SEO対策などWebに関わることはすべて任されることもあります。また社内でほかにデザイナーがいなければ、Web以外の名刺やパンフレットなどのグラフィックデザインまで担当するケースもあるようです。

WebやWeb以外でのデザイン全体、そしてデザイン以外のことを任されることもあるということで、マルチな知識、技能とスピードが求められます。しかし既存のものの更新、改善、運用が多く、Web制作会社のWebデザイナーのようにゼロの状態から開始することは比較的少ないといえます。 その分、Webサイトを完成させたらそれで終わりではなく、常に改善を繰り返していくことで、Webサイトをブラッシュアップし、成長させていくことができる点は、インハウスWebデザイナーの大きなやりがいです。もちろん自社のWebサイトのため、自らが積極的に改善提案をすることで、Webディレクター的な業務を行うことも可能です。様々な案件をこなしていくのではなく、自社のWebサイトやアプリに特化して関わっていけることは、Web制作会社のWebデザイナーにはないメリットといえるのではないでしょうか。

インハウスデザイナーはどんな人が向いているか

・いろんな仕事を幅広く経験したい人
・いろんな人と話したり、コミュニケーションをとるのが得意な人
・1つのことを深く掘り下げ育てていきたい人
・自ら積極的に仕事を作っていける人

インハウスデザイナーになるには

インハウスのWebデザイナーになるには、いくつかの方法があります。そのなかでも主な方法はWeb制作関連の会社を経て、ある程度の経験を積んでからインハウスWebデザイナーになるケースです。採用されてすぐに自社のWebサイトを任せられることも多いため、どちらかというと即戦力が求められる傾向があります。そのためWeb制作会社で実務経験を積んでいるほうが、採用される可能性も高くなります。

インハウスのWebデザイナーになるもう1つの方法は、大学や専門学校などでグラフィック、Webデザインを学び、採用試験を受けるものです。先述したように、比較的、即戦力になる人材が採用される可能性は高いですが、企業規模によって多くの人材を必要としている場合は、技術さえ確かであれば、実務経験が少なくても採用される可能性は十分にあります。 ほかに元々、企業でWeb担当をしていた方が、デザインの必要性を感じ、社会人向けスクールでWebデザインの講習を受講してWebデザインを受け持つようになるケースも増えています。この場合、すでに自社のWebサイトに関わっているため、そのままデザインも任される可能性は高いでしょう。もちろんWeb担当という実務経験があることから、仮に別の会社のインハウスWebデザイナーに転職する際も有利になります。

ここまでご説明してきたように、インハウスWebデザイナーという仕事は、企業内での様々なデザインに関わる可能性も高いため、Webだけではなく、紙のデザインに関する知識が必要な場合もあります。またSEOの知識、マーケティングの知識、SNSでのコミュニケーションなどデザイン以外の仕事を行うケースも少なくありません。そのためWeb制作会社のWebデザイナーになるよりも幅広い分野に興味を持ち、勉強することが重要です。さらにどの業務にもスピードが求められることから、1つのことに固執し過ぎない柔軟な姿勢で仕事に臨めるかが、インハウスWebデザイナーになるための重要な要素といえます。