XAMPPとは

「XAMPP(ザンプ)」とは「Apache Friends」が開発元の、Web開発に必要なフリーソフトをまとめて扱うパッケージソフトウェアです。

Webアプリケーションなどの開発を行うには別々にソフトウェアをインストールする必要がありますが、これらを一括でインストールすることができるようになる非常に便利な無料のパッケージです。Mac(マック)向けの「MAMP(マンプ)」という開発環境もあります。

XAMPPの特徴と名前の由来

XAMPPを使うことで以下をまとめてWindows(ウィンドウズ)、Linux(リナックス)、Mac環境にインストールすることができます。

  • 『Apache(アパッチ)』:Webサーバソフトウェア
  • 『MariaDB(マリアディービー)』『MySQL(マイエスキューエル)』:データベース管理システム(RDBMS)
  • 『PHP(ピーエイチピー)』:Webプログラミング言語
  • 『Perl(パール)』:Webプログラミング言語

このように最低限必要な開発環境を簡単に整えることができるため、非常に人気があります。
そしてこれらの頭文字にクロスプラットフォームという意味の「X」を付けたことが、XAMPPという名前の由来になっています。

XAMPPを使用するシーン

Apache Webサーバのインストールは初心者には難しく感じることが多く、開発前に挫折をすることもあります。ですがXAMPPを使うことで開発を初めやすくなります。

主に「WordPress(ワードプレス)」のテストを行いたい場合、PHPを用いてテストを行いたい場合、プログラミングの勉強をしている場合などに利用されています。また企業の実運用試験としても使われることがあります。

XAMPPのインストール方法

公式ホームページからダウンロードができます。
Windows向け、Linux向け、OS X(Mac)向けにそれぞれダウンロードボタンが分かれていますので、自分の環境にあったものをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルを開き、セットアップを行います(Windowsの場合)。Apache、MySQLなどインストールするソフトにチェクを入れインストールを開始します。インストール先のフォルダを選択し、インストールが完了したら終了です。

XAMPPを使用する際の注意点

XAMPPは大変便利な開発環境ですが、中には使用するソフトウェアが最新ではないなどのケースもあるので注意も必要です。

XAMPPにはマニュアルなどがありませんが、公式サイトにFAQの形式の使用説明書があるので、困った際にはこちらを参考にすることができます。また、フォーラム、Stack Overflowなどを参照し問題点を解決することもできます。

関連ワード