MAMPとは

「MAMP(マンプ)」とは、『Apache Friends』が開発元のWeb開発に必要なフリーソフトをまとめて扱うパッケージソフトウェアです。MAMPは「Mac(マック)」に特化しており、「Windows (ウィンドウズ)」の場合は「XAMPP(ザンプ)」が使用されることが多いです。
Webアプリケーションなどの開発を行うには別々にソフトウェアをインストールする必要がありますが、これらを一括でインストールできるようになる非常に便利な無料のパッケージです。MAMPを使うことでMacがWebサーバーとなり、「WordPress(ワードプレス)」などの開発がローカル環境で行えるようになります。

MAMPの特徴と名前の由来

MAMPを使うことで以下をまとめてMac環境にインストールすることができます。

  • 『Apache(アパッチ)』:Webサーバソフトウェア
  • 『MySQL(マイエスキューエル)』:データベース管理システム
  • 『PHP(ピーエイチピー)』:Webプログラミング言語

このように最低限必要な開発環境を簡単に整えることができるため、非常に人気があります。
そしてこれらの頭文字に『Mac OS X』の頭文字の「M」を付けたことがMAMPという名前の由来になっていると言われています。

MAMPを使用するシーン

Apache Webサーバのインストールは初心者には難しく感じることが多く、開発前に挫折をすることもあります。ですがMAMPを使うことで開発を初めやすくなります。
WordPressのテストをローカル環境で行いたい場合、PHPを用いてテストを行いたい場合、プログラミングの勉強をしている場合などに利用されています。また企業の実運用試験としても使われることがあります。

MAMPのインストール方法

MAMPは公式ホームページからダウンロードができます。「MAMP PRO」という有償のバージョンもありますが、1つのサイトをローカル環境で開発する場合は無償版の「FREE」で問題ありません。ダウンロードが完了すると「.pkg」ファイルがダウンロードフォルダに保存されます。ダブルクリックで開いてインストールを行います。規約に同意し、Macのユーザー名とパスワードを入力し、『イントールが完了されました』と表示されれば完了です。

MAMP使用時の注意点

MAMPをそのまま使っているとPHPなどのバージョンが古くなってくることもあるので、アップデートはこまめに確認することが望ましいです。また、念の為アップデート前にバックアップを取っておくことをおすすめします。

関連ワード