koalaとは

「Koala(コアラ)」とは、自動でコンパイルができるフリーのアプリケーションです。「Sass」「Less」「CoffeeScript」「Compass」と多言語をサポートしています。

Windows、Mac、Linuxで使用でき、マルチプラットフォームに対応しています。GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)となっており、コマンドラインを使わずに使用できます。

koalaで出来ること

Sassを例に取ると、SassはCSSよりも画期的な方法で記述ができる非常に便利な言語ですが、そのままの「拡張子.sass」のデータではブラウザは認識をしてくれません。認識してもらうには、「拡張子.css」のファイルに変換を行う必要があります。

Macの場合はターミナル、Windowsの場合はコマンドプロンプトを用いてコンパイルすることもできますが、CUIのコマンドラインに慣れていなくても、koalaなどのGUIコンパイラを使えば自動でコンパイルすることができます。

koalaのメリット

koalaは「Ruby」というアプリケーションを開発するための言語だけインストールされていれば、すぐに使うことができます(Macの場合はRubyがデフォルトでインストールされているので不要です)。アプリケーション自体の更新頻度も高く、アップデートにより日本語にも対応していることから設定で日本語化することができ、使い勝手も良いです。

koalaの使い方

koalaは.sassファイルをアプリケーション内にドラッグアンドドロップ、もしくは「+」ボタンからフォルダを選択するだけで、プロジェクトの登録がされます。基本的にはその操作だけで自動でコンパイルしてくれ、.cssファイルが生成されます。さらに、自動コンパイルをオンにした状態でkoalaを起動しておくと、作業フォルダ内で.sassの更新があった際は自動で.cssに書き出しをしてくれます。

koalaのオプション設定

コンパイルのオプション設定から、自分の好みの設定にすることができます。例えば「Compass Mode」を使うと、SassのフレームワークのCompassを使用できて自分好みの開発環境にすることができます。「Autoprefix」では古いブラウザ向けにベンダープレフィックスを自動で付与することができるなど、細かい設定が可能です。

関連ワード