CCleanerとは

「CCleaner(クラップクリーナー)」とは、 「Piriform Ltd. (ピリフォーム)」というイギリス・ロンドンのソフトウェア会社が開発した、ハードディスク内にある不要になってしまったファイルやレジストリを掃除・クリーンアップを行う事が出来るシステムクリーナーソフトです。2017年の買収により、現在はチェコ・プラハに本社を構えるセキュリティ会社の「Avast Software s.r.o.(アバスト)」が開発しています。

日本語を含む30以上の言語に対応しており、クリーナーソフトの中でも特に利用されている人気のソフトウェアで、世界で20億を超えダウンロードされています。「Microsoft Windows」に対応しており、「Android版」も2014年にリリースされました。最近ではMac版も提供されています。

CCleanerの特徴

CCleanerは数クリックで不要ファイル、レジストリを削除することが可能で手順も少なく操作も簡単です。項目も非常に分かりやすく、個別に削除対象にチェックを入れ選択することもできます。

また「Internet Explorer」だけではなく、「Google Chrome」や「Firefox」「Adobe Reader」などの使用履歴や不要なアプリケーション、ブラウザのプラグインなども削除することができます。加えてソフトアンインストール時の削除しきれなかったレジストリが削除できるなど、他のシステムクリーナーソフトに比べ多機能となっています。

CCleanerの料金形態とダウンロード方法

料金はフリーミアムとなっており、基本的な機能は無料で利用できます。高度な機能については、有償版ですることで利用できるようになります。

ダウンロードはCCleanerの公式サイトより行えます。ダウンロードされたセットアップファイルをインストールすることで使用可能になります。また、インストール時に言語選択で日本語を選択することで日本語表記に切り替えることができます。

CCleanerの使い方

CCleanerでは以下の3つの項目から必要に応じてクリーンアップを行うことができます。

クリーナー

ハードディスク内の不要になったゴミファイルを掃除しクリーンナップすることがきます。クリーナーでは主にブラウザ関連の閲覧履歴や一時ファイル、クッキー、エクスプローラのキャッシュ、ごみ箱を空にするなどのシステム、ツールバーの不要ファイルなどが対象です。

レジストリ

Windowsの起動を早くするためにレジストリの不要項目を掃除できます。「問題点をスキャン」を行い、レジストリの問題点を表示してくれます。バックアップを取ることもでき、万が一にも備えることができます。

ツール

インストール情報、スタートアップ、ブラウザプラグイン、ディスク解析、重複ファイルファインダ、システムの復元 、ドライブワイパーの項目があり、ディスク解析では容量を占めるデータ割合の調査やその他の項目では不要なデータやソフトウェアなどの削除を行うことができます。