ベクターイメージとは

ベクターイメージとは、点の座標とそれを結ぶ線(ベクター、ベクトル)などの数値データをもとにして演算によって画像を再現する方式のことで、数学的な計算から算出された線とカーブから、ズームするたびに書き直されます。よって、画像を点の集合で表現しようとするラスターイメージと比べ、拡大、縮小、その他の変形を施しても図形イメージが基本的に劣化しないという特性を持っています。また一般的に(何百万のピクセルによって構成される)ラスタイメージよりもデータサイズは小さくなる傾向があります。

関連ワード