ピクセルとは

ピクセル(英: Pixel)とは、デジタル画像(ラスター画像)の最小単位のことを指します。
デジタル画像を限界まで拡大すると、いろんな色の小さな点の集合体で表現されていることがわかります。
デジタルカメラの性能を表す時によく「画素数」という言葉が使われますが、「画素」はピクセルと同じ意味で、色情報(色調・階調・透明度など)を持った四角い点のことを意味します。「画素数が高い」ということは、単位面積当たりのピクセルの密度が高いという意味で、ピクセル数が多いほど精密で鮮明な表示ができます。