クロップマークとは

クロップマーク(英: Crop Mark)とは、印刷時、仕上がりサイズに裁断するための位置合わせをするための目印を指し、印刷の基本用語の1つです。トンボ、トリムマーク、レジスターマークとも呼ばれたりします。
印刷物の外側の四隅に配置されているコーナートンボと、中央に配置されているセンタートンボの2種類で構成されています。
多色刷りの場合は、CMYKの4色をK、C、M、Yのインキ順で印刷していきますが、4色がキレイに重なって版ズレしていないか、クロップマークで見当を合わせています。