CMYKとは

CMYKとは、印刷物で色を表現する際に用いられる主な手法で、「減法混合(げんぽうこんごう)」に基づく色の表現法です。
シアン(英: Cyan)・マゼンタ(英: Magenta)・イエロー(英: Yellow)・ブラック(英: Black)の4原色で構成されています。
CMYKは絵の具と同じく、シアン・マゼンタ・イエローの3原色を混ぜ合わせることで色を作ることができ、色を重ねれば重ねるほど、暗く(黒く)なっていきます。
重ねた色で作られる黒は真っ黒ではないため、実際の印刷時は、CMYにブラック(英: Black)を加えた4色(CMYK)を使い、すべての色を再現します。

関連ワード