デジタルハリウッドSTUDIO仙台 ブログ

意外と知らない動画編集ソフト、After EffectsとPremiereの違いと連携について

最近、STUDIO仙台では動画の受講生が増えてきており、動画編集ニーズの高まりを感じています。 今回は意外と知らない動画編集ソフト、After EffectsとPremiereの違いと連携について解説したいと思います。

After EffectsとPremiereの違い

After EffectsとPremiereは、どちらも映像を編集する際に使用するソフトですが、それぞれに役割があり、
違いがあります。基本的に、After Effectsは短いカットの映像や、細かい設定が必要な映像などを編集する際に
使用します。さまざまなエフェクトを利用することで、より魅力的な映像を作り出すことが可能です。
一方、Premiereは、素材となる映像を時間軸でつなぎ合わせて1本の作品に仕上げることができるソフトです。
複数のカットをつなげたり、テロップを入れたりすることができます。長編かつ、あまり複雑ではない映像を
作成する際に使用します。

After EffectsとPremiereの連携機能、「ダイナミックリンク」。

After EffectsとPremiereは、どちらもアドビシステムズが開発したソフトであるため「ダイナミックリンク」と呼ばれる機能が搭載されており、連携して作業を行うことが可能です。After Effectsで制作した素材をPremiereでつなぎ合わせることによって、1つの映像を仕上げることができます。
例えば、子どもの運動会の映像を編集する場合、まずAfter Effectsを使用して画面を補正していきます。色や彩度などを調整し、子どもがはっきり映っている動画を制作することが可能です。
次に、Premiereを使用して不要なシーンはカットし、必要なシーンだけを残していきます。厳選したシーンだけが残るため、自分の子どもだけが映っている無駄のない映像に仕上げることが簡単にできます。
このように、After EffectsとPremiereを連携させることによって、効率的かつ高速に映像の編集を行えるようになるのです。

まとめ

エフェクトをかけることを主な目的としたAfter Effectsに対して、素材を時間軸に並べてつなぎ合わせるPremiere。この2つの動画編集ソフトはそれぞれ異なった役割を持っており、連携させることによって非常に高度な映像制作を実現できます。映像制作や編集のプロを目指している方をはじめ、趣味として映像制作を楽しみたいという方も、After EffectsやPremiereの導入を検討してはいかがでしょうか。

結婚式ムービー、子供の成長記録動画、YouTube、広告動画、ロゴアニメーションなど、自身で映像制作したい
という方は、デジタルハリウッドSTUDIOでノウハウやテクニックを身につけ、本格的な映像制作を学んでみませんか?

その他のSTUDIO仙台のブログ

BLOGS