デジタルハリウッドSTUDIO大阪梅田 ブログ

大阪校 在校生インタビューVol.010
下ノ園 優奈さん【Webデザイナー専攻】

Webデザイナー専攻2019年1月生

名前:下ノ園 優奈

今を変えたい。自分が納得できる、楽しいと思える仕事とは?

■今までどんなお仕事をされていましたか?
岡山の大学を卒業後、大阪で営業の仕事をしていました。


■営業職を続けられてた中、どうして方向転換を?
接客販売をしていると、お客さんの満足度を高めつつ、商材を打っていくのが大切なんですけど、現実では、その人に、きっと必要ないものまで勧めないといけない…そんな事もありました。どんなに数字を作っても達成感よりも罪悪感に苛まれてしまい…昇格もしたいけど、したところで、なりたい自分になれないという葛藤がありました。そんな日々に嫌気がさして、全く違う仕事をしたいって思う様になったんです。でも、元々仕事人間で。期間を空けずに働きたかった。正直、転職活動もして、内定も決まってたんですけど、やっぱりちゃんと考え直そうって思って。


■もともとデザインは学ばれてたんですか?
いいえ、全く未知の世界でした。


■では美術が好きだったとか?
美術もそんな好きだったわけではなく、絵を描くのも苦手でした。でも昔から誕生日とか送別会などのボードを作るのは好きで、メッセージとか写真のレイアウトを考えたりするのは得意でした。


■ではなぜWEBデザインに?
文系出身の私ができること、営業や接客ではない仕事、でも事務職にも興味を持てないしなあ…と考えたところ、技術を学びたい、なにか自分の武器になるものを身につけたい、と思うようになりました。最初は漠然としてたんですけど、転職の際に需要がある分野、たとえもし、その方向に進まないとなったとしても、副業とか在宅でもできるものをと考えた時に、WEBを勉強してみようって思ったんです。

立ち止まって考えた答え。「自分の武器を見つけたい」


■ではなぜデジハリに?
実は他のスクールの説明会にも行ってました。そこは、家からも近いし、費用もデジハリより安かった。ただ、私は未経験で転職希望だったので、とにかく技術をつけたかった。そこのスクールだと就転職のサポートに不安があって…。デジハリだと、0からでもしっかり学べる、ちゃんと力になりそうだと思えたので、入学を決めました。あと、24時間使えるのは夜型の私には嬉しかったです。


■未経験からのWEBデザイン、学び始めてどうでしたか?
未経験なので、大変でした!ソフトも触ったことがないから…どうしたらいいんだ?って。でも今までと違が鵜世界に飛び込んでみたい、とにかく意欲的に頑張りました。グラフィック分野をまずしっかり学んで、次にコーディングに入ったときには、難しい…って思いました。でも、今はコーディングの方が興味があります。Aって打ったらちゃんとAって反映される。それにハマりまりました。技術を学んでいくにつれ、もっと知りたいって思うようになりますし、全て頭に入れられたらもっと面白くなりそうです。


■いまから卒業制作に入りますよね?
そうなんです。地元のワッフル屋さんのHPを作成することに決まりそうで。WEBデザインってお店のイメージを伝えるのがセオリーだと思っていたんですけど、実際は、商品のイメージもあればオーナーの意向もある。そこを汲み取りやりとりして行くには、自分の引き出しの幅がもっともっと必要だなって痛感します。0から作るのは難しいですが、ぼんやりしているものを形にしていくのはすごくやりがいがあると思います。


■どんな風に働きたいですか?
とにかく熱中したい!もともと熱中できるものなら時間とか関係なしに仕事をしていたいタイプなので、クライアントとしっかり向き合って、細かな部分までクライアントの要望をしっかり叶えられるように仕事をしていきたいです。正直、まだどういう仕事内容をしていきたいかは明確には決めてないし、もしかしたら、ゆくゆくは違う業界に行く可能性だってあるけど、今は、このデジハリでの学習や卒業制作を通して学べることを最大限吸収しようと思っています。


■迷っている人へメッセージをお願いします!
​「やってみないとわからない」って言葉私自身、あまり好きじゃないんですけど、できるか悩んでるんだったら「何か行動すること」が大事だと思います。少しでも興味があるなら、まず話を聞きに行く。やってみたいな、と思うんだったたら、ソフトを触ってみる。「全くわからない」状態からそういった一歩を踏み出すと、「もっとやってみたい」とか「ここどうやったらいいんだろう」とか、はたまた「拒否反応でるわ~」とか(笑)。何か見えてくるものがあるように思います!

その他のSTUDIO大阪梅田のブログ

BLOGS