WordPress(ワードプレス)とは

WordPressとは

WordPressとはオープンソースで公開されている、ブログシステムで、CMS(コンテンツマネージメントシステム)といわれるものの一種です。Webサイト制作の専門的な知識がなくても、ブログを更新する感覚で、画像や文章を入力するだけで、本格的なサイトを制作することができます。個人のブログから大企業のサイトに至るまで、今や世界のWebの40%がWordPressを利用するほど、人気のWeb構築サービスとなっています。

WordPressが人気でよく使われる理由

WordPressは無料で商用利用も可能な上、導入も簡単。洗練された管理画面上で、直感的に文字の入力・装飾、画像の挿入ができます。つまり、プログラミングやサーバーなどの専門知識がなくても、記事の更新・公開が容易にできます。そして、豊富なデザインテンプレートから好みのテーマをダウンロードすれば、好きなデザインのサイトを作成することができる上、プラグインを利用すると機能拡張も。例えば、「お問い合わせフォーム」や「カート機能」など、制作目的に合わせて欲しい機能を追加できます。このように、機能の拡張性が高く、デザインの自由度も高いことから、世界中のWebサイトのなんと40パーセントがWordPressを利用している人気のCMSとなっています(参考:「ワードプレス公式サイト」)。さらに、HTMLやCSS、JS、PHPといったWeb関連のプログラム言語の知見があると、よりカスタマイズしたサイトの構築ができるのです。

WordPressでできる5つのこと

ブログのようにページの作成・更新ができる

ブログのような感覚で、簡単にページの作成・更新ができ、コーディングの知識必要ありません。「文字入力」と「画像挿入」だけで簡単にホームページを作成・更新できます。

おしゃれなデザインテンプレートが豊富で自分だけのサイトが手軽に作れる

豊富なデザイン、幅広い様々な機能、カスタマイズオプションなど何千種類以上ものの中から、自分の目的にあったデザインテンプレート(テーマと呼ばれます)が見つかります。テーマを自分のブログにインストールすれば、簡単におしゃれなブログが出来上がります。

カスタマイズ自在で色々な機能を追加できる

機能を拡張するためのプログラムである「プラグイン」を利用すればサイトの目的にあった機能を追加することができます。例えば、ECサイトに不可欠な「カード決済」「カート機能」や美容院やスポーツジムに必要な「会員システム」や「予約システム」といった機能も追加できるので、様々なサイト構築が可能です。

複数の管理者でサイト運営できる

WordPressはユーザー管理機能が充実していて、「管理者」「編集者」など、役割に応じた権限を設定できます。記事の更新は外部のライターに依頼する、管理者は社内の運用担当者のみ、など、サイト運営に多くの人が関わる場合にも、トラブルを防いで快適に運用することができます。

SEOに有利なサイトを簡単に作れる

WordPressは、基本的な構造がSEO向けになっている上、プラグインによってもSEO対策を強化することができるため、SEOに有利なサイトが簡単に作れます。

WordPressでサイトを作成するメリット5選

上述した「WordPressでできること」を踏まえ、Wordpressでサイト作成するメリットをさらに詳しく紹介します。

無料から利用でき、導入も容易

WordPressはソースコードが無償で公開され、商用・非商用を問わず自由に改良・再配布することが認められている「オープンソース」のソフトウェアです。デザインや拡張機能豊富なソフトウェアが無償から利用できます。Webサイトを公開するために必要最低限のコストは、「サーバー費用」と「独自ドメイン費用」くらいです。導入も、レンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」を利用すれば、サーバーの管理画面上で構築が完了し、とても簡単です。データベースの設定も合わせて行ってくれます。

プログラミングやサーバー管理の知識がなくても、記事を作成できる

WordPressの管理画面は、HTML/CSSの知識がなくても体裁の整った記事を新規投稿・編集することができます。フォーム入力の感覚で文字の入力が行え、ボタン一つで文字の装飾などが簡単にできます。Webサイトに欠かせない画像についても、管理画面上で画像を登録するだけでサーバーに自動的にアップロードされるため、編集者はサーバーの知識が必要ありません。公開も更新もボタン一つ。サーバーの知識や、難しいディレクトリ構造がわからなくても、独自サイトが運営できるのです。

豊富なデザインのテーマを選べ、自在にカスタマイズできる

WordPressには、無料のものから有料のものまで、たくさんのスタイリッシュなデザインのテーマテンプレートがあり、テーマをダウンロードすれば、文字や画像を挿入するだけで、あなた専用のサイトを作ることができます。また、拡張機能プログラムである「プラグイン」を利用することで、「お問い合わせフォーム」や「カート機能」、「会員管理機能」といった、制作目的に合わせて欲しい機能を追加することができます。このように機能の拡張性が高く、デザインの自由度も高いことが特徴です。そして、HTMLやCSS、JS、PHPといったプログラム言語の知見があると、さらに自分好みのサイト構築ができるのです。

複数人で管理・運用できる

WordPressはユーザー管理機能が充実しています。「管理者」「編集者」「投稿者」「寄稿者」「閲覧者」の5つのユーザー権限が用意されており、役割に応じて権限の広さを設定できます。編集に関わる人ごとに権限を付与することができるため、サイト運営に多くの人が関わる場合でもスムーズな運営が可能となります。

SEO対策が充実している

WordPressは、カテゴリやタグといった記事の分類機能や時系列によって記事にアクセスできるなどといった、基本的な構造がSEO向けになっている上、プラグインによってSEO対策をさらに強化することができるため、Web制作の初心者でもSEO対策が容易にできることもメリットの一つです。

WordPressでサイトを作成するデメリットは?

表示速度が遅い

WordPressはアクセスのたびにプログラムが動き、Webページが生成される「動的ページ」のため、HTMLだけで作成された「静的ページ」より、表示速度が遅くなる傾向があります。動的サイトは、例えば、会員サイトのように、アクセスする人によって表示内容を変えることができるなど、静的サイトに比べ、できることが格段に多くあります。しかしその一方で、サーバーへの負荷が大きく、表示スピートが遅くなることがあります。そのため、性能の高いサーバーを利用するなど、表示速度への対策が必要になります。

WordPressのシステムとプラグインのアップデートが必要

WordPressは活発に開発されているため、システムやプラグインをアップデートしなければいけません。アップデート自体は管理画面から1クリックで行うことができるため、操作は容易ですが、システム本体のバージョンと、プラグインの対応バージョンとの互換性に気をつけないと、予期せぬエラーが起きることがあるため注意が必要です。多くの機能をWordPressサイトに追加したいがために、たくさんのプラグインをインストールしてしまうと、その後のメンテナンスが難しくなってしまうことがあるので注意しましょう。

カスタマイズするためには、ある程度知識が必要

WordPressはWeb開発に必要なプログラミング知識が無くても多くのことが実現できるものの、既存のテーマやプラグインではできない機能やデザインを実現したい場合には、それぞれの専門的な知識が必要となります。テーマをカスタマイズするにはHTML/CSS /JSの知識が必要な上、WordPress自体の構造についても理解する必要があります。同様にプラグインについても、プラグインで提供されていない機能をサイトに追加したい場合は、一般的なPHPの知識だけでは足らず、WordPress独自のデータ構造やWordPress独自の関数など、WordPress自体の知識が必要となるのです。

WordPressでサイトを構築する際に必要なこと

サーバーの準備

WordPressを配置するサーバーを準備しましょう。サーバーを自前で構築できなくても心配ありません。レンタルサーバーを利用する場合が多いです。レンタルサーバーには WordPressを簡単にセットアップできる機能を持つものも多いため、そういったサービスを利用すると良いでしょう。

WordPressのインストールとデータベース構築

自前でインストールする場合は、wordpress.orgのページからパッケージをダウンロードすることができます。導入の手順も記載してあるため、確認してみましょう。次に、サーバー上にデータベースと、データーベースの管理者権限を持つユーザーを作成します。WordPressの構築には、データベースが必要です。手順に従って、サーバー上にデータベースを設置しましょう。

ドメインの取得

必要であれば、独自ドメインを取得しておきましょう。取得後、サーバーの管理画面から、ドメインの紐付けを行います。

WordPressとSEOの関係性

WordPressがSEO対策しやすい理由は、基本的な構造がSEO向けになっていること、そしてプラグインによってSEO対策をさらに強化可能な点です。基本的な構造とはカテゴリやタグといった分類や、時系列によって記事にアクセスしやすい点、クローラーがクロールしやすい文書構造である点が挙げられます。例えば、SEOで狙いたいキーワードを「タイトルタグ」「見出しタグ」「本文中のテキスト」に記載すれば、SEO効果の高い対策を施すことができます。また、ほとんどのテーマがレスポンシブデザインでスマホ対応していること、プラグインを利用することで、画像サイズの最適化やキャッシュの利用などで、サイトの表示速度の改善も容易にできる点も、SEO上のWordPressの優位点と言えます。SEO対策が充実したテーマや、SEO対策のプラグインも豊富で、これらを上手に組み合わせることで、サイトのデザインや求める機能に応じて自由にカスタマイズできるため、Web制作の初心者から上級者にも選ばれる理由です。WordPressでSEO対策を施したサイトが構築できたら、コンテンツを充実させて検索順位をUPし、アクセス数の多いサイトを目指してください。

WordPressの学び方・おすすめ勉強法

WordPressをこれから学びたい!もっと使いこなしたい!という方におすすめの勉強法をご紹介します。

  1. 1.入門書を読む
    これからWordPressを学ぶ人におすすめの勉強法は、入門書を一冊手にとってその通りに構築してみることです。一冊読みながら、サイトを作ってみると、体系だった知識があなたのものになるはずです。
    • いちばんやさしいWordPressの教本 第4版 5.x対応 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)
    • [改訂版]WordPress 仕事の現場でサッと使える! デザイン教科書[WordPress 5.x対応版] (Webデザイナー養成講座)
  2. 2.学習サイトで学習
    • デジハリオンライン WordPress講座
      デジタルコンテンツ制作専門スクールのデジタルハリウッドが提供する通信講座。
      3か月間でWordPressの基本機能からテンプレートをアレンジして本格的なサイト構築を行うところまで、体系立てて学べます。オンラインなので、都合のよいタイミングで学べ、受講期間内なら、自分が理解するまで何度も繰り返し受講できます。自力でWebサイトを作りたい方、Webサイト制作の仕事に付きたい方、Web担当者として効率的にWeb制作の勉強をしたい方におすすめ。
  3. 3.スクールに行く
    WordPressを体系立てて学びたい場合、スクールに行くのが近道かもしれません。WordPressでサイト制作スキルに幅を持たせて、本気で稼げるWebデザイナーを目指しましょう。同じ目標を持つ仲間も、就職先や今後の仕事も両方手に入れたいなら、スクールでがっつり学んでみては。

    デジタルハリウッドでもWordPressが学べるコースをご案内しております

WordPressを使用するうえでの主な注意事項

  • 定期的なバージョンアップ・バックアップを怠らないこと
    WordPressは頻繁にバージョンアップされます。長らく更新を怠ると、セキュリティに問題が生じ、不正アクセスの被害、ひいては個人情報の流出などの問題に発展する可能性もあるため、定期的にプラグインと本体のバージョンアップを行いましょう。その際、バックアップを取ることを忘れずに。
  • 親テーマのカスタマイズに注意
    有料テーマを購入した場合、親テーマにカスタマイズしてしまうと、テーマの作成元で更新があった際に、自分で施したカスタマイズがリセットされてしまうことがあります。有料テーマのカスタマイズは子テーマに行いましょう。
  • 管理画面のログイン画面のハッキング対策
    管理画面のログイン画面からハッキングされるリスクがあるため、初期設定のまま運営するのはやめましょう。IDやパスワードは複雑なものに変え、定期的に変更しましょう。プラグインでセキュリティ対策できるものもあるので、検討してみてください。

デジハリスクール生徒(卒業生)が作ったWordPressで作成されたサイト

関連ワード