Prottとは

「Prott(プロット)」とは、ワイヤーフレーム作成、プロトタイプ作成が行えるツールです。東京と海外にオフィスを構える「株式会社グッドパッチ(Goodpatch)」というUI/UXデザインに特化した企業が開発、提供しています。

Windows(ウィンドウズ)、Mac(マック)に対応したWeb版と、Android(アンドロイド)、iOS(アイオーエス)に対応したアプリ版を提供しています。無料で使える機能もありますが、本格的に使用するには有料プランがおすすめです。

Prottの特徴

Prottの機能の最大の特徴は、プロトタイプが簡単に作成できる事です。デザインの画像を取り込み、推移するリンク先を指定してアニメーションを選択するだけで完成します。このように作成したプロトタイプは、実際にモバイルデバイスでプレビューが可能です。完成に近い形で検証できるため、ユーザーテストにも使えます。もちろんPCからも閲覧可能です。

コメント機能もついており、チームメンバーからのフィードバックを得ることもできます。プレゼンテーション機能もありパスワードの設定もできるので、クライアントへの提案も行いやすくなります。困った事があった際はチャットを使い気軽にサポートに相談することが可能です。

Prottの機能

ワイヤーフレームとプロトタイプの作成

Prottのワイヤーフレーム作成では、テンプレートやパーツを組み合わせてワイヤーフレームを描く事ができます。完全にゼロからではなく、すでにあるテンプレートやパーツを使用することでワイヤーフレームの作成がスムーズになります。有料のProプラン以上で利用できます。

プロトタイプ作成機能では、紙に描いた手書きのプロトタイプを撮影して取りこんだり、完成したデザインの画像をアップロードし、ページ推移を繋げてプロトタイプを作る事ができます。複数のアニメーション機能もあり、実際にWebサイトとして完成したイメージや、アプリのインターフェイスの確認に使う事ができます。プロトタイプの作成は無料のプランでも利用する事ができます。

また、どちらともWebやiPhone、Apple Watchなどのデバイスの種類を選んで画面サイズを合わせる事ができます。

デザイン共有とプレゼンテーション

Prottはデザインの共有機能も充実しています。プロトタイプのシェア機能とプレゼンテーションモードにより、目的に合わせて色々な使い方ができます。

プロトタイプのシェアでは、URLで共有、QRコードの自動作成、Webサイトやブログに埋め込めるiframeの自動作成、Slackに連携して共有、Hipchatに連携して共有など様々な機能があります。(外部サービスの連携にはオーナー権限が必要です)
またユーザーを指定して招待することもできるので、特定のユーザーにだけシェアする事もできます。

プレゼンテーションモードでは、モックアップに自動的にデザインが入れられ背景なども設定ができ、クライアントへのプレゼンテーションなどが非常に簡単に、見栄え良く行うことが可能です。プロジェクトにはパスワードの設定が可能なため、セキュリティ面でも安心して使う事ができます。