FFFTPとは

「FFFTP(エフ・エフ・エフ・ティーピー)」とは、Windows専用の無料で使えるFTPクライアントソフトウェアです。

GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)となっており、ドラッグアンドドロップの直感的な操作で簡単にファイルの転送が行え、サーバーにあるファイルの管理もできます。

漢字のファイル名を扱えたり、漢字コードの変換が行えたりと、国産ならではと言える機能が揃っており、インターネット黎明期には特に利用された人気のあるソフトウェアです。

FFFTPできること

Webサイトを公開する際に、自身のパソコンとサーバーを繋ぐ役割を持ちます。ホームページ用を作成する際、HTMLファイル、CSSファイルなどを作成した後にインターネット上に公開する必要がありますが、サーバーにアップロードを行わないとインターネットで公開することができません。その際に使われるのがFTPクライアントソフトウェアで、FFFTPはその中のひとつです。

GUIのため、コマンドラインを使用せずにアイコンやボタンなどの操作によってデータ転送が可能です。

FFFTPの歴史

日本語版のFTPソフトウェアがなく、自分が仕事で使用できるFTPクライアントソフトウェアが欲しいというきっかけから、1997年に曽田純(Sota)氏によってFFFTPの開発が始まりました。その後、2002年にオンラインソフトウェア大賞を受賞したほど有名なソフトウェアとなりました。2008年に脆弱性の問題も発表されましたが、2010年にマルウェア対策のされたバージョンがリリースされ、2011年に一度開発を終了しました。その後オープンソース化されて別の開発者により開発が続けられていましたが、こちらも2017年に終了し、オープンソースとなりました。

FFFTPの利用方法

FFFTPは、他のソフトウェアなどと同じく、配布されているサイトからダウンロードして使うことができます。FFFTPを立ち上げたら接続先サーバーの情報を入力してサーバーに接続する準備を行います。

使い方は非常に簡単で、FFFTPは画面が2つに分かれ、左がクライアント側、右がサーバー側となっており、クライアント側からサーバー側にファイルをドラッグするだけで転送ができます。転送をしたらURLを確認し、インターネット上で正しく表示されていればアップロード作業は完了です。

関連ワード