4K/8Kとは

映像の解像度を表す言葉。地上デジタル放送では通常、2K(1920×1080)の解像度である。

しかし、4K/8Kではそれぞれ4Kは3840×2160、8Kは7680×4320であるため非常に高解像度で表現できる新規格である。とはいえ、こういった環境を実現するためのインフラ投資は非常にコストがかかるため、先ずはインターネット配信(YouTubeなど)やBlu-rayで使用され始めた。

また、BS放送においては2018年末より放送開始予定であるが地上デジタル放送におけるこれらの新規格放送は未定である。

関連ワード